「好きな人に連絡しない」は効果ある?恋愛の駆け引きテクを伝授!

  • 連絡しないは効果ナシ?残念な恋愛パターン

    続いて注目をしていくのが、連絡しない恋愛駆け引きが「効果ナシ」のパターンです。連絡しない恋愛駆け引きは好きな人の興味を引くのに効果的ですが、場合によっては逆効果になることもあります。

    そのため、連絡しない恋愛駆け引きをする場合は、効果が期待できるか、それとも逆効果になるのか、見比べる必要があるのです。

    どんな恋愛パターンだと連絡しない恋愛駆け引きの効果が期待できないのか、早速紹介していきましょう。

    そもそも自分に興味がない


    大前提として、連絡しない恋愛駆け引きを実行するならば、ある程度自分に興味を持ってもらわなければなりません。多少興味を持っているからこそ、連絡がこないことが気になります。興味を持たれていなければ、連絡がこなくなったことにすら気づかれない恐れが出てくるのです。

    そのため、そもそも自分に興味がなさそうな男性に使うのはNG。むしろ距離が広がるだけなので、やめたほうが良いでしょう。

    相手が鈍感


    好きな人が鈍感な場合も、効果は期待できません。そもそもこの恋愛駆け引きは「連絡がこなくなった」と思わせる必要があります。そのため、好きな人が鈍感な性格だった場合は、連絡が来なくなったことに気づいてもらえないリスクがあるのです。

    また、好きな人が鈍感な場合、恋愛駆け引きは全般的に効果が期待できません。テクニックによって相手の気持ちを揺さぶるのが恋の駆け引きですが、相手が鈍感な場合はこちらの「仕掛け」にすら気づきません。気持ちを揺さぶることができず、失敗に終わることが多いのです。

    好きな人が鈍感な場合は、ストレートにアピールするのがおすすめ。駆け引きすることなく、素直な気持ちでアピールしていきましょう。

    連絡を取り合うことが苦手


    連絡しない恋愛駆け引きで避けたい相手が、連絡を取り合うのが苦手な男性です。男性は女性と比べて、LINEやメールでのやりとりを苦手だと思っている人は多くいます。そんな相手とこの恋愛駆け引きは、最悪の相性だと言えるでしょう。

    むしろ、苦手にもかかわらず頻繁に連絡に応じてくれていたならば、連絡しない駆け引きをすることで好きな人から飽きられてしまう可能性も。苦手な人にとって、いつ連絡が来るか来ないかの状態は負担でしかありません。面倒だと思われ、距離を置かれる恐れがあります。

    ただし、前述したように、あなたが一定期間連絡しないことで、好きな人が「このくらいがちょうどいい」と感じる可能性も少なくありません。相手が連絡を取るのが苦手な場合は、あなたが連絡するのを多少我慢することで、関係が縮まる可能性があるのです。

    駆け引きが嫌いな場合は逆効果


    好きな人が駆け引きが嫌いだった場合、連絡しない恋愛駆け引きをしたことで幻滅される恐れがあります。特に恋愛に奥手な人や、落ち着いた恋愛をしたい人にとって、駆け引きは厄介でしかありません。落ち着いた恋愛をしたい人なら、駆け引きをされた時点で「子どもっぽい」という印象を抱くこともあるでしょう。

    連絡しない駆け引きは、相手によっては効果絶大ですが、誰もが駆け引きに対して良い印象を持っているとは限りません。特に大人になればなるほど、駆け引きで刺激を求めるよりも、素直にぶつかり合う恋愛のほうが良いと考える人も多くいます。

    相手の性格を踏まえた上で、本当に連絡しない駆け引きがアピール方法として合っているのか冷静に考えてみましょう。