遠距離恋愛の「倦怠期」その乗り越え方とは?カップルの体験談も紹介

遠距離恋愛に、倦怠期はあるのでしょうか。どんな恋愛だって慣れたり飽きたりする可能性はありますが、遠距離恋愛ではどんな時に倦怠期が訪れやすいのでしょうか?今回は、遠距離恋愛の倦怠期と、その乗り越え方についてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

  • 遠距離恋愛にも倦怠期はあるって本当?

    遠距離恋愛に倦怠期はあるのでしょうか?あるとすれば、どのように乗り越えていったらいいのでしょうか?

    今回は、遠距離恋愛の倦怠期と、その乗り越え方についてご紹介します。これを読めば、遠距離恋愛の倦怠期の悩みが解消できるかも。現在遠距離恋愛の悩みを抱えているという人はもちろん、興味がある人もぜひチェックしてみてください。

    遠距離恋愛にも倦怠期は訪れる


    どんな恋愛だって、付き合い始めはすべてが新鮮で、楽しく刺激的という人が多いですね。もっと相手のことを知りたい、もっと近づきたい、もっと触れ合いたいと考え、一日中恋人のことを想っていたことでしょう。

    ところが、長く付き合っているうちにいつの間にか相手に慣れたり飽きてしまったりして、本当に好きなのか分からなることがあります。もしかしたらそれは、倦怠期かもしれません。恋愛したことがある人なら、誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

    遠距離恋愛でも、もちろん倦怠期はあります。特に、お互いの距離が離れている遠距離恋愛では、一度心が離れてしまうと修復が難しいのが現実です。

    場合によっては破局に繋がることも


    遠距離恋愛で倦怠期に入ると、連絡が途絶えがちになります。距離が離れているため偶然会うこともほとんどなく、連絡を取り合わないと、そのまま破局に繋がってしまうカップルが多いのです。

    電話をしてもつまらないと感じてしまったり、会えない期間が長くてすれ違いが生じ、ちょっとしたことで別れてしまうこともあるでしょう。 しかし、別れだけが正しい解決法とは限りません。 一時の感情で別れてしまうと、後から悔やむことも。

    特に遠距離恋愛の場合、一度破局してしまうと復縁するのが難しいです。お互いの距離が離れているため、意識してコミュニケーションを取ろうとしなければ、一切の関係が絶たれてしまいます。そんな状態から復縁し、遠距離恋愛を始めるのはとてもパワーがいることなんです。

    気持ちが冷めることと倦怠期は違う


    「倦怠期」は、付き合っているうちに慣れてきて、飽きてしまった状態の事です。でも、決して相手を嫌いになった訳ではないんです。それに対して「気持ちが冷めた」場合は、相手に対して何の関心も抱かない状態になります。

    相手への愛情が冷めてきたなと思っても、大切だと思える気持ちがあるのなら、それは倦怠期です。本当に冷めてしまったら、相手のことを考えること自体が少なくなるでしょう。試しに、パートナーが浮気している姿を想像してみてください。なんとも思わないようなら、愛が冷めた状態と言えるでしょう。

    もしも気持ちが冷めたわけでは無く、倦怠期なのであれば、誰と付き合ったとしても起こり得ることです。うまく乗り越えられるように努力してみましょう。
  • 遠距離恋愛で倦怠期を感じる瞬間とは?

    遠距離恋愛の場合の倦怠期は、どんな瞬間に訪れるのでしょうか。倦怠期かもしれないと感じる具体的な瞬間を、例を挙げながらご紹介していきます。

    連絡するのが面倒になる瞬間


    遠距離の始めの頃は、少しでも相手の声を聞きたいと頻繁に連絡する人が多いですね。しかし、段々と面倒になってしまうことも。

    特に、相手からは連絡がなくいつも自分から連絡をすることが続くなど、「自分ばかりが面倒な役割をしている…」と感じるようになった瞬間に、「これって倦怠期?」と感じる人が多いようです。

    会えない寂しさに慣れたと感じる瞬間


    遠距離で恋人に会えないと、「寂しい」「会いたい」という気持ちになる人が多いものです。しかし、それは最初だけだという人も。あまりに会えない時間、連絡が取れない時間が続くと、そのうち会えないことに慣れてきてしまう事があります。自分が寂しいのかもよくわからなくなり、倦怠期だと感じることも。

    「相手はまだ私のことが好きなのか?」「私は本当に相手のことが好きなのか?」「そもそもこの状態は付き合っていると言えるのか?」「こんな気持で遠距離恋愛を続ける意味はあるのか?」という疑問が出て来る人もいます。

    恋人以外に気になる人ができた瞬間


    「どんなに離れていても恋人が一番!」と思っていた人でも、遠距離恋愛中に、近くの異性が気になってしまうことがあります。

    新しい出会いを新鮮に感じたり、恋人以外の男性に対して「この人と付き合ったらどんな感じなんだろう?」と興味が湧いてきたり…。そんな風に恋人以外に気になる人ができた時に、「倦怠期かも」と感じる人は多いようです。

    久しぶりに会っても楽しくない瞬間


    久しぶりにパートナーと会える、特別な時間。遠距離恋愛の始まりの頃は、それはもう嬉しいものですよね。天にも昇る気持ちで、恋人との逢瀬を待ちわびたという人も多いのではないでしょうか。

    しかし、恋愛期間が長くなると、久しぶりに会ったのにあまり楽しいと感じなくなることがあります。そんな瞬間に倦怠期を感じる人も。せっかくのデートなのに以前より楽しいと感じなかったり、ドキドキしないという人も多いようです。

    また、久しぶりに会ったら恋人が変わってしまったように見えたという人もいます。話す内容が分からなかったり、以前より太って見えたり、ファッションがダサく見えたり、会話が噛み合わなかったりすると「あれ、こんな人だっけ?」と思うことも。

    パートナーの心がわからなくなる瞬間


    お互いの距離が離れている遠距離恋愛では、直接相手の表情や声のトーン、身振り手振りなど、色々な機微を読むことが難しいです。そのため相手の心が分からないと感じることがあります。

    「以前は心が通じ合っていたけれど、もう相手の心が分からない…」と思った瞬間に、倦怠期だと感じる人が多いようです。