既婚者のセフレ=不倫?既婚男性にとって「セフレ」の存在意義とは

  • セフレ以上になれる?既婚者の「本気度」チェック!

    既婚男性とセフレ以上の関係になりたい、そんな淡い期待を抱いている女性もいるかもしれません。いけないことだとわかっていても、好意を抱いてしまった以上、進展を望んでしまうのは自然なことだとも言えるでしょう。

    そこで気になるのが、既婚者の本気度について。たとえセフレ関係だったとしても、既婚者が少しでも好意を持ってくれていた場合は進展の可能性が出てきます。

    そんな既婚者の本気度をチェックするために、いくつかのポイントをまとめてみました。自分たちの関係性と照らし合わせた上で、ぜひチェックしてみましょう。

    将来の話をするかどうか


    将来の話を既婚者としているならば、セフレ関係から進展できる可能性はあります。完全にセフレだと割り切られている場合、必要以上に自分のことは喋りません。特に既婚者はできるだけ自分の身分を隠したがります。将来の話などセフレに話す必要はないと考えるのです。

    しかし少しでも本気だった場合は、将来の話をします。「もし付き合ったら」「俺が離婚したら」そんな話をしてきたら、進展を望んでいる可能性大。お互いに進展を望んでいるからといって事がうまく運ぶとは限りませんが、アピールしていけば既婚者の気を引くくらいはできるでしょう。

    愛情表現をしてくれるかどうか


    愛情表現してくれるならば、既婚者から好意を抱かれていると考えて良いでしょう。完全なセフレ関係ならば愛情表現は絶対にしません。割り切った付き合いをしたいと思っているため、相手に気を持たせるようなことは避けているのです。

    しかし少しでも既婚者があなたに好かれたいと思っているならば、愛情表現をして気を引こうとしてくるでしょう。キスだったり愛の言葉だったり、わかりやすい愛情表現で距離を縮めてくるはずです。

    キスが多ければセフレ以上


    キスの多さで愛情をはかれるってご存知ですか?ほとんどの人は好意を抱いている相手に対して、できるだけたくさんキスをしたいと考えています。そのため、セフレ関係にもかかわらずキスを多くしている場合は、好意を抱かれている可能性は高くなるのです。

    不倫の場合はデートをすることも


    明確に本気度を確かめたいならば、デートの有無に注目するのがおすすめです。基本的にセフレとはデートはしません。体だけの関係を保つことでリスクを最小限にとどめているため、わざわざリスクを増やすことはしないのです。

    しかし本気で想われている場合はデートをします。体だけの関係では満足できず、あなたとたくさん楽しい時間を過ごしたいと考えているのです。