既婚者のセフレ=不倫?既婚男性にとって「セフレ」の存在意義とは

  • 既婚者にとってのセフレと不倫相手の違いとは?

    セフレも不倫も同じと考える人にとってみれば、既婚者が考えるセフレと不倫の違いは気になるものでしょう。どちらにしてもバレてしまえば不倫として片付けられることがほとんどです。そのため同じ意味と考えている人にとってみれば、違いはよくわからないのも当然でしょう。

    そこで解説していくのが、既婚者にとってのセフレと不倫の違いについてです。既婚男性にとってどのような違いがあるのか、早速見ていきましょう。

    相手に求めるものの違い


    なんとなくわかるという人もいるかもしれませんが、セフレと不倫の違いを「相手に求めるものの違い」と考える人がいます。

    セフレならば名前の通り、セックスを求める相手になるでしょう。体だけの関係、遊び相手、好きなプレイを試せる相手、そんな意味でセフレという言葉は使われます。

    しかし、不倫相手とは多少なりとも精神的なつながりがある場合がほとんど。不倫を題材としたドラマや映画を見てみても、お互い惹かれ合っている描写はよく描かれているでしょう。体だけを求めるのか、それとも気持ちも体も求めるのか、そこが違いだと考えている既婚者は多くいます。

    コミュニケーションがあるか


    コミュニケーションがあるかどうかで、セフレと不倫相手を区別している人もいます。

    これも求めるものの違いと関係してきますが、セフレのようにセックスだけを目的とした関係ならば、必要以上のコミュニケーションは必要ありません。お互い割り切った関係を望んでいることが多いため、むしろ言葉をかわさずセックスだけしたいと考えている人は多くいます。

    しかし不倫では、気持ちが入っていることがほとんど。相手を知りたい、距離を縮めたい、そんな欲求からコミュニケーションをとることは多くなります。

    気遣いの量


    セフレと不倫相手の違いについて、気遣いの量が異なると考える人も少なくありません。

    セックスをする上では、相手に多少の気遣いが求められることはあります。相手の体を傷つけない、必要以上に負担をかけない、そういった配慮はマナーとして必要になるでしょう。セフレの場合でもそういった相手の体への気遣いは必要となります。

    しかし、セックスだけを求めている遊びの関係なため、それ以外の気遣いや配慮は必要とされません。その点不倫関係ならば、自然と気遣いが生まれてきます。相手との時間を楽しみたい、幸せにしたい、好かれたい、そんな気持ちが自然な気遣いに繋がっていくのです。

    簡単に関係が切れるかどうか


    簡単に関係が切れる相手のことをセフレだと考えている人は多くいます。セフレは体だけの関係であるため、気持ちは繋がっていません。相手の名前も年齢も知らず繋がっていることがほとんどです。顔と体だけしか知らず、関係が切れたら二度と連絡できないことは珍しくないでしょう。

    しかし不倫相手の場合は顔や体だけでなく、名前や年齢、誕生日や住んでいる場所などを知っていることがほとんどです。気持ちもあるため、いくら関係を切りたいと思っても情が湧いて切れないことは少なくないでしょう。たとえ切れたとしても、相手の個人情報を知っている以上、連絡を取ろうと思えば簡単に取れてしまうのも事実です。

    このように、簡単に関係が切れるかどうかでセフレと不倫相手の違いを考える人もいます。セフレは簡単に関係を切りやすく、切れたら終わる関係がほとんど。しかし不倫相手は気持ちがある分関係が切りづらく、切れても簡単に繋がれることが多いのです。