既婚者のセフレ=不倫?既婚男性にとって「セフレ」の存在意義とは

  • 既婚者にとってのセフレの存在意義

    既婚男性にとってセフレとはどういった意味を持つ存在なのか、気になる人もいるでしょう。

    ただ体の関係を結ぶだけの相手なのか、それとも別の意味を秘めているのか。男性が考えているセフレの存在意義や定義を見ていきましょう。

    性欲を満たすための相手


    セフレについて、性欲を満たすための相手だと考えている人は多くいます。これは女性の中にも多い意見であるため、男女共通の認識だと考えて良いでしょう。

    セフレは「セックスフレンド」を略した言葉です。セックスを楽しむだけの友達という意味になるため、性欲を満たす相手と考えても間違いはないと言えます。

    割り切った関係


    浮気や不倫は気持ちがある分、関係は親密で、いざ別れようと思っても別れられないイメージを持つ人は多くいるでしょう。お互い恋に落ちているから、体だけでなく心を求めているため、ズルズルとした関係が続きやすいのが事実です。

    しかし、セフレはセックスのみを目的としているため、割り切った関係と考える人も少なからずいます。人によってはセフレとのセックスも浮気や不倫と同じだと考えますが、気持ちのある無しで区別する人もいるのです。

    実際、体だけの割り切った関係ならば、関係を終わらせようとした時、問題なく別れられることがほとんどでしょう。特に既婚者は何かあればすぐに関係を切りたいため、割り切った遊びの関係のセフレを求めるのです。

    試したいことを試せる存在


    試したいことを試せる相手と、セフレについて考える既婚者は少なくありません。妻に対して遠慮している人は、思う存分にセックスが楽しめていないことがあります。オモチャやコスプレ、少し過激な体位など、妻に頼んだら嫌われてしまうと思うとなかなか頼めないのが事実です。

    しかしセフレはセックスを目的とした関係なため、割り切ってプレイ内容を頼むことができます。たとえ引かれたり断られたりしても気になりません。

    自分の性に関する欲求を遠慮なくぶつけられる相手として、セフレを見ているのです。

    会えば癒してもらえる相手


    割り切った関係やセックスを楽しめる相手、そんなイメージを持つ人が多い中で、セフレのことを「会えば癒やしをもらえる相手」と考える既婚者も少なからずいます。

    特にセフレに対して癒やしを求めたいと考えている男性にとって、セフレはセックスだけでなく、癒やしを感じる存在です。やや他の既婚者が抱くセフレのイメージとは異なるため、特殊な例と言えるかもしれません。