既婚者のセフレ=不倫?既婚男性にとって「セフレ」の存在意義とは

  • 既婚者がセフレにしたい女性の特徴

    セフレを求めたくなる男性は多くいますが、女性ならば誰でもいいわけではありません。セフレとは言え、体の関係があれば世間一般的には不倫とみなされます。

    リスクを考えると、セフレ選びは慎重に行いたいというのが、男性の本音でしょう。また男性の中には、割り切った関係だからこそ「自分の理想に近い女性としたい」と考える人も少なくありません。

    既婚者男性はどんな女性をセフレにしたいと考えるのか、その特徴を見ていきましょう。

    年齢が若い


    セフレを作るならば若い女性と関係を結びたい、そう考える男性は珍しくありません。

    肌や筋肉の質、顔の特徴などは、年を重ねれば多少の変化が訪れるのは避けられません。そんな変化が訪れる前の若い体に触れたいと、男性の多くは考えるのです。

    綺麗な外見


    せっかくならば綺麗な外見の女性とセフレになりたいと思う男性も多くいます。特に男性は視覚で興奮を感じることが多いため、綺麗な女性を目の前にすることでセックスも盛り上がるのではないかと考えるのです。

    どうせセックスをするならば楽しみたい、そんな気持ちから綺麗な外見の女性をセフレに求めるのですね。

    スタイルが魅力的


    スタイルが魅力的な女性に対して、興奮を覚える男性は少なくありません。セックスは体と体が触れ合う行為になるため、どうせならば自分好みのスタイルをした女性と楽しみたいと多くの男性は考えています。

    特に既婚者の場合は、妻がすでに結婚前のスタイルをキープできなくなっているケースも。久々にスタイルが良い体に触れたいという気持ちもあり、魅力的なスタイルのセフレを求めてしまうのです。

    貞操観念が低そうな女性


    貞操観念が低そうな女性はセフレにベストであると考える男性は多くいます。既婚者に限らず、貞操観念が低い女性は浮気相手やセフレになってくれるだろうと考える男性は少なくありません。

    男性にとって手軽にセックスできる相手は都合が良いのが事実です。セックスだけを楽しみたい男性にとって、わざわざ駆け引きしたり気遣ったりするのは非常に面倒くさいこと。そのため、セフレにするならば苦労せずにセックスできる相手に限ると考える人は多くいます。

    特に既婚者の場合、セフレを作るために女性を口説いたり、アピールしたりするのは危険です。下手に女性と距離を縮めることに時間をかけていれば、不倫が疑われる可能性は高くなります。そんなリスクを負わずにセフレになってくれそうな女性は、セフレが欲しい既婚男性にとって非常に都合が良い存在だと言えるでしょう。