「愚痴ばかり言う人」の心理とは?特徴や困った時の対処法も紹介!

  • 「愚痴ばかり言う人」の印象とは?【男女の本音】

    日常生活において、納得いかなかったり理不尽だと感じることは誰にでもあるでしょう。ただ、その中には、何かにつけていつも愚痴ばかり言う人もいませんか?そんな人に対して周囲の人はどのように感じているのでしょうか?

    面倒くさいし関わりたくない


    特に職場などで他人の愚痴ばかりを言っている人に関わると、自分も愚痴仲間だと思われてしまうのではないかと感じるようです。

    愚痴ばかり言う人は、いつもどこかで誰かのことを悪く言っているように見えてしまいます。そんな人と一緒にいると、自分とは全く関係の無いトラブルに巻き込まれそうといった印象を抱くため、できるだけ関わりたくないと思ってしまうのです。

    可愛そうな自分に酔ってるようでウザい


    めったに弱音を吐かない人が愚痴をこぼしたら慰めたくなりますが、いつも愚痴ばかり言っていたり、慰めてアピールが過ぎる人は、逆に「可哀そうな自分に酔っているだけではないか」とウザがられることもしばしば。

    自分を悲劇のヒロインかのように語り「慰めてほしい」「かまってほしい」とアピールするタイプは、自分の愚痴を聞いてくれる相手なら誰にでも近寄っていくため、ウザい印象になりがちです。

    自分も陰口をたたかれていそう


    愚痴ばかり言う人は、会話の大半が不平不満や誰かの悪口です。会うたびに誰かの悪口を言うわけですから、周囲の人は「別の人と話している時はそこにいない自分のことも悪く言われてそう」と思ってしまいます。

    特に、今まで一緒の空間に居合わせた人物がいなくなった途端にその人の陰口を叩く人もいるので、要注意です。

    オーラがネガティブ


    「とにかくオーラがネガティブ」といった印象があるようです。愚痴ばかり言う人は世界がネガティブに見える傾向があるため、オーラがネガティブになるというのはある意味当然かもしれませんね。

    こういう人は、会話の一言目がネガティブな話題です。また、ネガティブな人には、同じようにネガティブな人が近づいていく傾向があります。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)