「愚痴ばかり言う人」の心理とは?特徴や困った時の対処法も紹介!

  • 愚痴ばかり言う人の特徴《行動編》

    性格に続いて「行動編」です。あなたの周りの愚痴ばかり言う人にも同じ行動をとっている人がいるかもしれません。

    相手によって態度を変える


    相手によって態度を変えるところがあり、自分の愚痴を聞いてくれる人を見つけると、何かとその相手のところに向かいます。相手を思いやる能力が欠けているため、自分の話をひたすら聞かせたがるのです。

    同時に、面と向かって自分の意見を言う事のできないタイプも多いため、自分の愚痴に反論されたり、意見を言ってきたりする人には近寄りません。

    行動力が無く口先だけ


    文句ばかりで行動力が無いのも、不平不満ばかり言っている人にありがちなタイプです。基本的にネガティブ思考なので、何か新しいことを提案されても、失敗した場合のイメージしか描けず、行動に移すことができません。

    また、人を見る目がないのも特徴です。他人の表面しか見ることができず、成功している人や恵まれてそうな人が、その裏でどれだけ努力してきたかなど考えることができません。

    自分は同じ努力ができないので、不平不満を言うだけの「ただ妬んでいる人」になりがちです。

    責任感が無い


    全て他人に任せて、何か落ち度があればとことんそれを追及します。つまり責任感が無いのです。なので、何の躊躇もなく不平不満を言うことができます。

    それでいて、自分は責任のあるポジションに絶対につかないという性格。失敗した場合に自分のせいにされるのを恐れます。誰かのために犠牲になるなどもってのほか!ある意味で薄情な臆病者であるとも言えます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)