手が大きい男女にはある共通点が?手が大きい人の性格&恋愛傾向

  • 手が大きい女性のあるあるな悩み

    今度は手が大きい女性のあるあるな悩みに焦点を当ててみましょう。男性は手が大きくても、包容力があると認められることが多いですよね。しかし女性はそう簡単ではなく、以下のようなあるあるな悩みを抱えやすいようです。

    男性と手を繋ぎづらい


    手の大きい女性は、自分の手の大きさがコンプレックスなので、恋人ができても手をつなぐことを躊躇してしまうことがあります。特に自分の手よりも彼の手の方が小さいときは、「まるで自分の方が彼氏みたい…」と落ち込んでしまう女性も少なくありません。

    男性と違って女性の手はすべすべとしているのが特徴です。手が大きくても、女性らしくあろうとこまめにケアしていれば、気にすることではありません。しかし当事者としては、手の状態がどうであれば、大きいことが嫌なのです。

    そのため恋人となる男性の方から手を繋いでもらえると、手が大きい女性は安心して手を繋げるでしょう。

    顔よりも手が大きいのが嫌


    女性によっては、自分の顔よりも手の方が大きいということに悩みを抱える人もいます。一般的には顔よりも手が小さい方が普通とされているため、こうした悩みがあると「手を見せたくない」と思ってしまうのも乙女心ならではです。

    また、手が大きいことを驚かれることも多いので、手を人前に出すのが嫌だと感じる人も多いでしょう。顔よりも手が大きいと、どうしても注目を集めがちですよね。

    自分の意図しないところで注目されるのは誰しも嫌なもの。そのため、繊細な性格も相まってよりストレスを抱えてしまうのです。

    女性らしさを感じない手が嫌


    手が大きいと、それだけ骨ばったり太くなったりと悩みを抱えがちです。そうした特徴を併せ持ってしまうと、女性らしさを感じないため嫌だと思ってしまうでしょう。小さい手の女性みたいな「可愛い手」と言われたいのです。

    手の荒れであれば、クリームなどで改善することができます。しかし骨ばっていたり、指が太いなどの特徴は、簡単には改善できるものではありません。そのため自分の努力だけでは、手を変えることが難しいのです。

    こうした悩みがさらに自分の手を嫌いになる理由となり、手を見るだけでため息をついてしまう人もいるくらいですよ。

    手だけで男性と間違われることがある


    例えば、窓口など基本的に手元を見る仕事だと、顔よりも先に手を見てしまうこともあるでしょう。こうしたシーンで、手だけで男性と間違われてしまう女性もいます。

    手が大きいと、自然と男性をイメージしてしまいます。特にネイルなど女性らしい飾りがないと、より男性的な印象が強くなるため、間違われてしまうのです。そして手の大きさに驚かれ、居たたまれない思いをすることも少なくありません。

    人の手の形、大きさは千差万別ですが、手の大きさで驚かれるのは何とも言い難い気持ちになります。特にそれが男性と間違われるなら、不快に思わない女性はいないでしょう。