連絡がこないのは脈なしサイン?気持ちの見極め方&連絡方法

  • 脈なしか確かめよう!連絡がこない時の連絡方法

    いつまでも意中の男性から連絡がこないときは、思い切って脈なしかどうか確かめてみましょう。脈なしかどうか判断するのにぴったりな方法をご紹介します。

    「久しぶり、元気?」と明るく送ってみる


    前回のLINEが返ってきていないことには一切触れず、思い切って「久しぶり!」という内容の文章を送ってみましょう。しばらくリアルでも顔を合わせていない状態で久しぶりの連絡をすると、反応してくれる可能性は高くなります。

    ですが、「元気?」という内容はスルーされやすくもあります。連絡を返すのが面倒だと感じている人は、「しょうもない質問だ」と感じると返信してきません。自分の中で「こっちは元気。向こうも元気そうでよかった」と答え、勝手に自己完結してしまうことさえあるのです。

    この文章に反応が返ってこない場合は、「あなたにそれほど興味がない」ということの表れでもあるので、脈なしと判断して良いでしょう。

    「体調崩してない?」と気遣う内容を送る


    「体調崩してない?」と相手を気遣う内容も、連絡が来ないときに使えるフレーズです。体調を気遣う文章が来たら、大体の人は「大丈夫だよ、ありがとう」などと返します。これをきっかけに会話が続くかどうかは、脈なしではなくても微妙なところですが、ひとまず「大丈夫」などの返信が来れば、脈なしと判断するのはまだ早そうです。

    しかし、「体調崩してない?」だと、人によっては「返信くれないのは体調が悪いせい?と責められてるのかな」と捉えてしまいます。相手の男性がそう考えたら、返信は来ないかも。理由はさておき、気遣うメッセージにも何の反応がなければ、脈なしだと判断しましょう。

    おもしろいスタンプを送ってみる


    趣向を変えて、文章を送るのではなくギャグっぽいスタンプや画像を送ってみましょう。画像やスタンプが送られてきたら気になってついLINEを覗いちゃいますよね。その心理を利用するのです。

    彼がうまいこと食いついて来てくれたり、「なにそのスタンプ笑」という具合にツッコミを入れてきてくれたら、脈なしというわけではないでしょう。脈なしなら、どんなに面白いスタンプを送っても相手は無視を決め込むでしょう。

    連絡係を率先してやる


    もしも彼が仲良しグループの一員だったり、仕事でかかわるような間柄であった場合、あなたが率先して連絡係してみてください。業務連絡には必ず返信するという場合が多いので、そういう内容を送れば必然的に連絡が返ってくるでしょう。

    だからこそ、業務連絡以外で彼が連絡を取ってくれるかどうかが見極めやすくなります。あまりしつこく送りすぎては嫌われるので、業務連絡を流しつつも時々プライベートな内容を盛り込んでみましょう。業務連絡以外に返信がない場合はおそらく完全に脈無しでしょう。