連絡がこないのは脈なしサイン?気持ちの見極め方&連絡方法

  • 連絡がこない時の脈なしサインとは?

    意中の男性から連絡がこない場合、脈なしだとわかるサインはあるのでしょうか?その判別の方法をご紹介します。

    会っても素っ気ない態度


    相手の男性からLINEの返信がこないうえに、実際に顔を合わせても態度が素っ気なかったり会話が弾まなかったり、どことなく表情も曇っているように見える場合、残念ながら脈なしの可能性が高いです。

    連絡を取るのが苦手というわけではなく、単純にあなたと距離を置くために返信してこないだけかもしれません。

    連絡をしてもほとんど返事がない


    意中の男性に連絡をしても返事がこない場合、脈なしと判断できるかどうか際どいところではあります。しかし、単純に考えて返信がこないのは脈なしのサインだと思った方が良いでしょう。

    ですが、相手が忙しくて連絡を返せないだけかもしれないので、相手の状況がわからない場合はすぐに脈なしとは判断せずに、期間をおいてもう一度だけ連絡してみるのも良いでしょう。

    返信が単語で絵文字なし


    相手の男性からLINEの返信がきても単語だけで、絵文字や顔文字も全く使用してこない場合、残念ながら脈なしかもしれません。こっちが質問を投げかけても「うん」とか「違う」とか、すごく素っ気ない返事しかしてこないような場合です。

    このような返答しかしてこないのは、早く会話を打ち切りたいという気持ちの表れです。潔く身を引いた方が良いでしょう。

    SNSやLINEのタイムラインは更新している


    あなたのLINEには返信してくれないのに、彼自身のSNSでは活発に投稿していたり、LINEのタイムラインの更新を優先している場合も、脈なしの可能性は高いです。

    ただし、彼の中で「LINEでの連絡よりもSNSの方が大切」だと思っている場合は、決してあなたに興味がないというわけではありません。彼のなかでは「LINEやメールの優先順位が低い」というだけなので、本当に脈なしなのか判別しづらい部分ではあります。

    会ってもLINEやメールの話題に一切触れてこない


    彼と顔を合わせたときに、連絡を返さなかったことに対して全く触れてこない場合は脈なしである可能性が高いです。

    連絡できなかったことに何かしらの理由があれば、顔を合わせたときに思い出して話題に出してくるでしょう。しかし、話題にすら上らないということは「連絡に対してとくに何も思うところはない」ということでもあります。

    相手は連絡が来ていたことすら忘れられている可能性もあります。しかし「連絡なかったけど最近忙しかったの?」などと探りを入れるのは、相手を遠回しに責めているようにも聞こえるのでやめておきましょう。