イケメンにブスな彼女が多い理由とは?カップルの恋愛事情に迫る!

  • イケメン彼氏が欲しい!付き合う方法とは?

    ブスにイケメン彼氏ができるなら、私にもイケメン彼氏ができてもいいはずなのに、どうしてできないんだろう?と疑問に思っている方のために、イケメン彼氏と付き合う方法をお話します!もしかしたらあなたもイケメン彼氏をゲットできるかもしれませんよ。

    内面を磨いてイケメンを惹きつける


    いくら外見を磨いても、内面がブスなら意味がありません!内面がブスだと、顔にも性格の悪さがにじみ出てくるものです。外見を磨くこともたしかに大切ですが、外側ばかり良くても中身が伴っていなければ誰も見向きはしません。

    イケメン彼氏を手に入れたいなら、まずは謙虚に振る舞えるようになることです。イケメンを手に入れたいからと言ってがっついてしまっては、意中の彼に引かれてしまうだけです。

    内面も外見も磨いて、イケメンから「あの子と話してみたい!」と思われるような人になれたら上出来ですね!

    顔以外の部分は無視する


    「誰でもいいからとにかくイケメンと付き合いたい!」ということなら、男性の顔以外の要素はすべて無視してアプローチし続けましょう。イケメンの彼の好きなタイプをリサーチして「イケメン君の理想の彼女像」を演じれば、イケメン彼氏を手に入れることができるかもしれません。

    ただし、顔以外の要素を無視して付き合うのは、リスクが高すぎます。顔だけで付き合ってしまっているので、あとから相手の嫌な部分ばかりが見え始め、大好きだったイケメン彼氏の顔すらも見たくなくなるような事態に陥る可能性もあります。

    「顔以外は我慢してみせる!」という強い決心があるなら、イケメンの彼好みの女性を演じて、彼女になれるように頑張ってみましょう。

    自虐的になりすぎない


    「控えめで謙虚な性格」の意味をはき違えて、自虐的になりすぎないよう注意しましょう。

    「私なんて…」というような自分を卑下する言葉は、1回や2回使うくらいなら「謙遜かな?」と思ってもらえます。しかし、話を振るたびに自虐的な話をされるとなると、周囲も反応しづらくなりますよね。イケメンどころか、友達にすら引かれる可能性もあるのです。

    自虐ではなく、相手を褒めつつ「私にはとてもできません、尊敬します」というような一言で相手を立てられる女性の方が、断然モテます!

    また、自虐ばかり言っていると本当にネガティブな思考になってしまうおそれがあるので、くれぐれも「控えめな性格」と「自虐」とを混同しないように注意してくださいね。

    魔性の女になる


    イケメン彼氏をゲットしたいなら、魔性の女になってしまいましょう。とは言っても、魔性の女ってなろうと思ってなれるものではないですよね。ですが、駆け引き上手になって魔性の女に近づくことは可能です。

    魔性の女は、ぶりっ子とは違います。猫はかぶらず、自然体で感情を表現するのが魔性の女の特徴です。ターゲットのイケメンに興味があることを匂わせつつも、自分からはあまりアピールしないようにしてください。頑張ってつかみどころのない女性を演じましょう。

    イケメンな彼の方からあなたに興味を持ってくれたら、作戦成功です。イケメンの彼と仲良くなり始めた段階でも、好きという感情を表に出さないように駆け引きを続けて、あなたの虜にしてしまいましょう。付き合うまでは気を緩めてはいけません。