「年の差婚」の離婚率は高い?低い?離婚率や別れる理由を解説!

  • 年の差婚の離婚を防ぐ方法とは

    上記では、年の差婚で離婚率が高くなってしまう原因についてご紹介しました。離婚率が全体の74%だと仮定すると、ほとんどの年の差婚夫婦が離婚してしまうことになります。しかし、離婚率はさておき、結婚する時に離婚したいと思っている人はいないでしょう。

    年の差婚の離婚率の高さに当てはまらないためにも、離婚を防ぐ方法を知っておきましょう。下記では、離婚を防ぐために有効な方法を掘り下げていきますので、参考にしてみてください。

    お互いを尊重し合う


    年の差婚での離婚を防ぐためには、自分のことだけでなく相手のことも考える必要があります。特に、価値観の合わない夫婦や世代的なギャップのある夫婦の場合、自分のことばかり考えてしまう傾向が多いです。

    自分のことばかり考えてしまうと、相手の気持ちを尊重することができず、喧嘩の原因となってしまうでしょう。そのため、年の差婚での高い離婚率に当てはまらないようにするためには、お互いを尊重し合うことが大切です。

    常に相手の立場に立って考える必要はありませんが、相手の意見もしっかりと聞き入れてください。

    共通の趣味をつくる


    価値観が異なる夫婦はお互いの時間をなかなか共有することができないため、すれ違いが多くなってしまいます。特に、どちらかが仕事で忙しくてゆっくりできない時や、趣味の時間を多く確保したいと考えている場合に、コミュニケーションがおろそかになるでしょう。

    そんな時は、夫婦で共通の趣味を作ることで解決できます。趣味は人生の中でも娯楽の部分となるため、楽しさを共有することができれば、それだけで夫婦の絆を深めることができるでしょう。

    夜の営みを定期的に行う


    年の差婚で離婚率が高まってしまう原因の一つとして、夜の営みがないことが挙げられます。離婚する夫婦は夜の営みを定期的に行っていることが少なく、セックスレス状態のことが多いです。もちろん年の差婚ではない夫婦の場合でも、夜の営みがないと離婚や不倫の原因となってしまうでしょう。

    特に、女性は夜の営みがあるだけでも男性との繋がりを感じます。ただし、だからといって雑な行為をたくさん行っても逆効果となるだけなので、注意してください。雰囲気作りからしっかりと行い、行為が終わった後の腕枕やハグ、キスなどを忘れないようにしましょう。

    家事を一緒に行う


    夫婦になると、女性の方が家事の負担が大きくなるケースが多いです。そのことを不満に思っていてもなかなか言い出すことができず、結果的に離婚率を高めてしまうことがあります。

    もちろん、男性が家事を引き受ける家庭もあるのですが、それはそれで夫の不満が溜まることにもなるでしょう。その場合は、家事を一緒に行ってみてください。

    初めは一緒に買い出しに行くところから始めて、一つの料理を二人で作ってみたり、大掃除を二人で同時に行ってみてはどうでしょうか。同じ目的を持った行動を行うことで、仲の良さを維持することができます。

    子供ができない時はペットを飼う


    子供を求めているまま年の差婚をしてしまうと、結婚後に子供ができないことに落胆してしまう人も多いでしょう。しかし、どうしても子供ができない体質の人もいるため、子供ができない場合はペットを飼ってみてはどうでしょうか。

    ペットは子供の代わりにはなりませんが、夫婦の癒しとなってくれるはずです。ただし、手のかかるペットだと負担になってしまうようなら、まずはあまり手のかからない動物をペットとして向かい入れるようにしましょう。