「年の差婚」の離婚率は高い?低い?離婚率や別れる理由を解説!

最近では「年の差婚」が増えてきていますが、その反面で年の差婚に対する反対意見も浮き彫りになっています。実際のところ、年の差婚はうまくいく確率が高いのでしょうか、低いのでしょうか。また、年の差婚を長続きさせるための適切な行動なども、詳しく掘り下げていきましょう。

  • 年の差婚の離婚率は高い?

    最近は芸能人の「年の差結婚」が相次いでいることから、年の差婚も悪くないと考える人が増えてきています。年の差婚に対する認識は人によって大きく異なっているため、批判的な意見を持っている人もいるでしょう。その中の一つとして、年の差婚の離婚率が高いことが挙げられます。

    結婚しても離婚する可能性が高いのであれば、避けたいと考えてしまう人も出てくるはずです。そこで、まずは年の差婚の離婚率が高いと言われている原因について掘り下げていきましょう。また、一般的な結婚の離婚率と比べることで、どのくらい離婚率が高いのかを知ることができるはずです。

    既に年の差のある相手と付き合っている人は、どうすれば離婚しなくて済むのかを参考にしてみてください。そうすることで、結婚後も幸せな夫婦生活を送れるようになるでしょう。

    一般的な結婚の離婚率は約35%


    一般的な結婚をした夫婦の離婚率は、日本の場合、約35%と言われています。20代での離婚が多いと世間では思われていますが、30代から40代で離婚する人が多数を占めているようです。

    つまり、結婚後すぐに離婚するのではなく、長年にわたる結婚生活に疲れてしまった末の離婚が多いと言えるでしょう。また、男女共に共通している離婚原因のトップが、性格の不一致です。いざ一緒に生活してみると、性格が合わなくて苦痛になる人は少なくないようです。

    そして、5年~20年ほど生活を共にしたものの、我慢できずに離婚してしまいます。離婚を避けたいのであれば、その間に夫婦間の信頼関係を高める必要があるでしょう。

    年の差婚の離婚率は驚きの74%


    一般的な結婚では約35%の夫婦が離婚を経験しますが、ある調査によると、年の差婚の離婚率は何と驚きの74%なのだそう。離婚率は2倍以上も多いため、年の差婚に対して批判的な意見が多いこともうなずけます。ただし、日本における年の差婚の離婚率は、まだ調査がなされていないようなので、「離婚率74%」はあくまでも目安程度に捉えたほうがいいでしょう。

    とはいえ、年の差が開けば開くほど離婚率が高くなっている傾向があるため、親世代の人と結婚した場合は、離婚する確率がかなり高くなる可能性もあります。ただし、年の差を理由として離婚する夫婦は少ないため、年の差婚の離婚を防ぐことは十分に可能でしょう。