既婚者同士のLINEは不倫の始まり?リスク&注意点を解説【必見】

  • 既婚者同士のLINE|不倫エピソード【経験談】

    では、実際に既婚者同士でLINEのやりとりをしていて、そこから不倫に発展していった経験談を紹介します。リアルなエピソードは非常に参考になりますが、あくまでも不倫にはリスクがあることをしっかり理解しておきましょう。

    悩みを相談しているうちに…


    「夫の愚痴や、仕事での悩みを上司に相談しているうちに、親身に相談に乗ってくれる彼をいつの間にか好きになっていた。相手も好意を抱いてくれていたので、不倫関係になるのに時間はかからなかった」(30歳/女性)

    やはり、既婚者同士のLINEやりとりで不倫に発展するきっかけは、悩み相談をすることから始まることが多いようです。お互いのパートナーの愚痴や、会社の仕事の悩みを打ち明けることによって、それだけで「相談しあえる特別な存在」になってしまうのです。

    共通の趣味についての話で急接近


    「PTAの集まりで、たまたま隣の席になった人と会話をしていると、共通の趣味があることが発覚し、そこから急接近するようになった。早速LINEのIDを交換して、やりとりしているうちに会う頻度も増えて、不倫関係になった」(33歳/男性)

    PTAや学校の集まりなどで、普段話さないような人と話す機会は意外と多いもの。そこで共通の趣味が見つかると、距離は一気に縮まります。そして、なんと言っても共通の趣味を持っていると、会う口実を作りやすいので、不倫に発展しやすいでしょう。

    子供同士の仲が良いことがきっかけ


    「子供同士が仲が良くて『今から迎えにいきます』などの事務的な連絡をしているうちに、いつの間にか親しい仲になってしまっていた」(38歳/女性)

    既婚者同士の出会いは、保育園や幼稚園、そして学校などもきっかけのひとつになります。子供のことについて連絡を取り合うためにLINEのIDを交換したら、そこから会話が盛り上って親同士が仲良くなるなんてことも、よくあるのです。

    子供同士の仲が良いと、それだけで一気に親同士の距離感も縮まります。そこから不倫に発展することもあるのです。

    会社のグループLINEが始まり


    「仕事用のグループLINEがあり、そこでやりとりをしていたが、ある日個別にやりとりをしないといけないことがあり、グループに入っていた部下に個人的にLINEした。それから仲良くなり、いつの間にか相手を意識するようになって、不倫関係になっていった」(32歳/男性)

    グループLINEは、そのグループに入っている人のIDがわかるため、簡単に友達申請をすることができます。ましてや、仕事でやりとりをしなければいけない時などは、相手も警戒心なくLINEのやりとりをしてくれるでしょう。そして、普段会社では見せないようなキャラを見せることで、急接近し不倫に発展していくことも多いのです。
  • 既婚者同士のLINEは不倫に発展しやすいので注意

    既婚者同士でLINEのやりとりをしている人は多いですし、仕事などでLINEのIDを交換しなければいけないシーンもあるでしょう。ですが、LINEは気軽に会話をすることができるため、不倫に発展しやすいツールのひとつでもあります。不倫にはそれ相応のリスクがあるため、不倫になりそうな場合は早めに区切りをつけるようにしましょう。

    もし不倫に発展してしまった場合は、やめられるようであればすぐに関係を絶ちましょう。どうしてもやめられない場合は、パートナーにバレないように注意を払うことが必要です。

    気軽にやりとりできる分、証拠として残ってしまいやすいのがLINEです。自分にとって何が一番大切なのかをよく考えて行動するようにしましょう。

Photo:All images by iStock