既婚者同士のLINEは不倫の始まり?リスク&注意点を解説【必見】

  • 既婚者同士でLINEをする注意点とは?

    既婚者同士でLINEのやりとりをするリスクを理解していたとしても、最低限やりとりをしなければいけないというシーンもあるでしょう。そんな時に注意したい事柄を紹介します。注意点をしっかりと理解したうえで利用することが大切です。

    パートナーに誤解される内容は避ける


    とにかく、パートナーに誤解されるような内容を送らないことが大前提です。社交辞令であっても「素敵ですね」などと送ってしまうと、トラブルの元になってしまいます。何か送る前に、自分のパートナーや相手のパートナーに誤解をされそうな内容になっていないかどうかを、まず確認しましょう。

    文章だけではなくて、スタンプや絵文字にも注意が必要です。こちらは何気なく送っただけなのに、相手からは別の意味で捉えられることもあるからです。ハートのスタンプや絵文字は、間違っても送らないようにしてくださいね。

    不倫している場合はバレないよう注意する


    不倫は、たくさんの人を傷つける危険がありますし、バレてしまうと慰謝料を請求されることもあります。もし現在不倫状態にある場合、LINEのやりとりが決定的な証拠になることもあるのです。そのため、LINEのやりとりは見られても大丈夫な内容のみにしておくか、もしくは、その都度やりとりの内容をきちんと削除しておくなどの対処が必要です。

    ですが、LINEのトーク履歴は復元することもできます。不倫を疑われた際にパートナーにトーク履歴を復元されて、やりとりを全て見られてしまった!なんてこともあるので、よく考えてから行動しましょう。

    LINEの通知をさせないように工夫する


    たとえ不倫関係ではなかったとしても、LINEの通知が何度も鳴っていると、パートナーはそれだけで警戒するようになりますし、浮気を疑われてしまうこともあります。既婚者同士でLINEのやりとりをしていて、何度も通知が来るような場合は、通知をOFFにするなど、パートナーとの関係を悪化させないような工夫をすることが大切です。

    また、LINEのやりとりの内容が、通知とともに表示されないような設定にすることもポイントです。

    返事がないからといって何度もLINEしない


    既読がついているのに返事がなかなか来ないからといって、何度も一方的にLINEをしてしまうのはNG。もしかすると、相手はパートナーと一緒にいて、なかなか返信できないだけかもしれません。相手がLINEを見られない状況にあるのかもしれない…などと状況を予測することが大切です。

    また、LINEの返事がないからといって電話するのは、もってのほかです。お互いが既婚者であることを忘れないようにしましょう。
  • 既婚者同士のLINE|不倫に発展させる方法とは?

    既婚者同士で何度もLINEのやりとりをしていると、そこから不倫に発展していくことはよくあります。これから、不倫に発展させたい場合の方法を紹介しますが、不倫にはかなりのリスクがあります。よく考えてから行動してくださいね。

    相手を褒めるメッセージを送る


    不倫に発展させたいのであれば、まずは相手を褒めることが大切です。ですが、もし相手のパートナーに見られてしまった時に、不倫を疑われてしまわないように、送るタイミングなどはよく考えるべきです。突然褒めるようなメッセージを送ってしまうのは、誰が見ているかわからないのでNG。

    やりとりしている最中に、さりげなく「癒されます」「優しいですね」などと、まずは内面を褒めるようなことから始めましょう。

    趣味のイベントや集まりに誘う


    共通の趣味がある場合は、その趣味関連のイベントに誘うと、不倫を疑われたりせずに自然と会う口実を作ることができます。もちろん、あまりにも頻繁に会うのは危険です。頻度には注意しましょう。また、2人きりで会うのではなくて、最初は数人のグループで会うなど、パートナーに不倫を疑われないように工夫をすることが大切です。

    共通の趣味がなくても、自分の趣味に相手が興味を持ってくれている場合は、一度誘ってみると、相手も同じ趣味を好きになってくれる可能性はあるでしょう。

    共通の話題を探す


    LINEのやりとりが一番盛り上がるのは、共通の話題があるときでしょう。既婚者同士のLINEで一番盛り上がる話題と言えば、お互いのパートナーの愚痴や、子供がいる既婚者同士であれば、育児に関する話題でしょう。

    特に、お互いのパートナーの愚痴は不倫に発展させやすいのですが、LINEのやりとりがパートナーにバレてしまうと、愚痴を言っていることと、不倫をしていることのダブルで怒らせてしまうことになります。そのため、とにかくバレないように細心の注意を払う必要があります。

    疑問文で返信するのがポイント


    LINEのやりとりを長く続けるためには、とにかく疑問文で返信することが大切。「何してるの?」などのさりげないやりとりから、どんどん「好きな食べ物は?」「美味しいお店があるから食べに行かない?」などと疑問文を送り続けることで、相手は返信しやすくなります。よくあるテクニックですが、効果はあるので、使わない手はありませんね。

    夜寝る時も「おやすみ」と言ってしまうと、それでやりとりは一旦終わってしまうので、寝落ちしたフリをして、翌朝に「昨日は寝ちゃってた」と送ることで、その日もまた自然とやりとりをすることができます。