既婚者同士のLINEは不倫の始まり?リスク&注意点を解説【必見】

  • 既婚者同士でLINEをする人の心理とは?

    次は、既婚者同士でLINEをする人の心理について触れていきます。一体どんな考えがあって、既婚者同士でLINEをしようと思ったのか、気になりますよね。心理を理解することで、対処法も自然とわかってきます。

    LINEで話す友達が欲しい


    既婚者同士でLINEをする人の中には、単純に「気軽に会話ができるような友達が欲しい」と思っている人も多いです。つまり、不倫願望があるわけではなく、誰かと何気ない会話を楽しみたいだけ。だからと言って、油断していると何気ない会話の中から恋心が芽生えてしまうこともあるので、注意が必要です。

    共通の趣味や共通の話題が多くなってくると、ついつい会話はテンポよく進んでいきます。普段の何気ない会話からでも、恋心が生まれる可能性は十分にあります。そうならないためには、不必要なLINEのやりとりは控えることがベストでしょう。

    パートナーの愚痴が言いたい


    結婚生活の中では、どうしてもパートナーにイライラしてしまったり、ストレスが溜まってしまうことはありますよね。そんなパートナーに対する愚痴を既婚者同士のLINEで吐露することが、ストレス発散になっていることも多いのです。

    LINEでお互いのパートナーの愚痴を言い合って、すっきりするだけで終われば問題ありません。しかし、愚痴を言い合っているうちに仲が深まり、不倫に発展してしまうこともよくあるので、注意してくださいね。

    ただ単に用事を伝えたいだけ


    LINEは相手が読むことによって既読サインがつくので、用事を伝えるのにはとても便利なツールのひとつ。そのため、既婚者同士でLINEのやりとりをしているといっても、単純に用事を伝えるために利用しているだけ、という人がほとんどです。

    仕事でLINEを使っている会社も多いので、パートナーが誰かとLINEをしていても、あまり気にしすぎないように、広い心を持って構えておくことも時には必要。疑い始めると、精神的につらくなってくるので、パートナーを信じることから始めてみましょう。

    暇つぶしにLINEしているだけ


    単純に、暇だから誰かとLINEをしたくなる…という人は意外と多いもの。恋愛感情などは一切なく、暇だから誰かと連絡をとりたくなるだけなのです。やりとりしている内容も、なんてことのない世間話がほとんどです。ですが、既婚者同士でのやりとりは、それだけで不倫を疑われるきっかけにもなりますし、トラブルのもとです。

    暇つぶしで既婚者同士でLINEのやりとりをするのは危険なので、なるべく不必要なLINEのやりとりはしないようにすることが重要です。

    あわよくば不倫をしたい


    既婚者同士でLINEをしている人の中には、最初から不倫が目当てで既婚者とLINEをしようとする人もいます。このタイプの人は、「食事へ行こう」などと会う流れに持っていこうとすることが多いです。

    時には大胆に「好き」と発言してみたりと、恋愛に発展させようとする内容のLINEをしてくることがあるので、そのようなLINEが来た場合は、すぐにやりとりを止めたほうがいいでしょう。「不倫をするつもりはありません!」とはっきり伝えることも、時には必要です。
  • 既婚者同士でLINEをするリスクとは?

    既婚者同士、LINEでやりとりをすること自体は悪いことではないですが、それなりにリスクがあります。どのようなリスクがあるのかを、具体的に紹介していきます。

    浮気を疑われるおそれがある


    既婚者同士のLINEがバレてしまうと、それが単純に仕事だけのやりとりだったとしても、浮気を疑われる恐れがあります。どうしても仕事のやりとりで、LINEのIDを既婚者同士で交換することになった時は、事前にそのことをパートナーに伝えておくのが安全です。

    特にやましいことはなくても、既婚者同士でやりとりしているというだけで、パートナーはあまり良くは思わないはず。確実にトラブルを避けたいのであれば、たとえ仕事でも、なるべく既婚者同士でのやりとりは避けるべきでしょう。

    そのまま不倫関係になってしまうことも


    最初は何気ないLINEのやりとりだったとしても、そこから恋愛感情が生まれて、不倫関係になっていくこともあります。むしろ、不倫のきっかけはほとんどがLINEでのやりとりだ、という話もあるくらいです。

    「最初は相手のことをなんとも思っていなかったけど、LINEでやりとりをするのが楽しくなってきた…」という時は、自分でも気づかないうちに、相手に対して恋愛感情が生まれている可能性が高いです。

    そのままやりとりを続けてしまうと不倫に発展しかねないので、やりとりを控えるようにした方がいいでしょう。

    相手に気があると勘違いされる


    LINEでやりとりをしていると、顔が見えない文章だけのやりとりになってしまうので、それが原因で思い違いをしてしまうことはよくあること。単純に、挨拶がわりにハートのスタンプを送っただけなのに、それだけで相手に気があると勘違いされてしまうこともあるのです。

    そして、そのスタンプをたまたま相手側のパートナーが見てしまった時には、更にトラブルになってしまうこともあります。勘違いされてしまう可能性がある発言やスタンプは、既婚者同士では送らないように注意しましょう。スタンプなども、相手にどのように解釈されるのかはわからないので、当たり障りのないものを選ぶことがポイントです。

    一度LINEやりとりをするとやめにくい


    LINEは気軽にやりとりすることができますが、やりとりをやめにくいというリスクがあります。相手に恋愛感情が芽生えそうになったので、やりとりをやめようと思ってブロックをすると、相手を怒らせてしまうかもしれません。だからと言って、既読スルーもトラブルの原因になります。

    このように、LINEには、一旦ID交換するとやりとりをやめにくいというリスクがあります。既婚者同士でやりとりしていて恋愛に発展しそうになった時は、「不倫をするつもりはない」という意思を相手に伝えておくことも、対処法のひとつです。