お嬢様っぽい女性はモテる?その服装・見た目・性格など特徴を解説

  • お嬢様っぽい女性の特徴《会話編》

    お嬢様っぽい女性は、会話もお嬢様っぽい雰囲気です。では彼女たちは、どんな雰囲気の会話をしているのでしょうか。

    ここでは、お嬢様っぽい女性がどんな会話をしているのか、その一例をご紹介していきます。

    ちょっと世間知らず


    「世の中の暗い部分や汚い部分をあまり知らないな、と思うことがあります。『本で読んで知ってますが』というニュアンスの発言をよくしていますね」(30代/男性)

    裕福な環境で育ってきたため、裕福ではない環境のことをあまり知らないのでしょう。知らないことが多いので、裕福ではない人の癇に障ることもあるかもしれません。

    一般的な視点と違うことがある


    「ものの見方がちょっと独特というか、みんなと同じような意見は出さない。ちょっと現実が見えていないところもあるけど、ユニークさはあると思います」(30代/男性)

    お嬢様っぽい女性は、一般的な家庭よりちょっとアクが強い環境で育ってきた人も多くいます。独特の家庭で育ったため、物の見方などにやや偏りがあるのでしょう。

    意外と強気な発言が多い


    「普段はふんわりしているんですけど、ここは譲れないぞ!というところは、しつこいぐらいに食い下がってきますね。ガッツがあります」(30代/女性)

    お嬢様な女性はマイペースな女性が多いので、「ここは譲れない」と思ったときは、周りの空気を読まずに押してしまうこともあります。良くも悪くも自分の思いを曲げない女性です。

    嫌なことは嫌だとハッキリ言う


    「理不尽なことにはきっちりNOって言う。良い環境で育ってきたんだろうなという感じがします。自分が我慢して丸くおさめてしまおうとはしないですね」(30代/男性)

    裕福で正しい環境ですくすく育ってきたお嬢様な女性は、理不尽な要求にはきっちりNOと言います。おかしいことを主張できるのは、素晴らしいことですね。

    マウントを取られても気が付かない


    「彼女、お局系の女性社員にマウントされまくりなんですけど、マウントだって気づいてるのか気づいてないのか、どこ吹く風って感じです。マウントしがいがないから、お局様もあんまりマウントしなくなってますね」(40代/女性)

    お嬢様な女性は恵まれた環境にいるので、マウントする人の気持ちをあまり理解しません。マウントされたとしても「なんか変だな?」とは思いつつ、やり返したりマウント取り返したりはしないのです。