「つまらない女」は男ウケ最悪?その特徴とあるある行動パターンとは

男性から見た「つまらない女」とは、どのようなタイプの女性を指すのでしょうか?実は、話がつまらない、面白くないだけでは、つまらない女には当てはまりません。今回は、本当につまらない女の特徴や行動、男性からの印象などについて詳しくご紹介します。

  • 「つまらない女」は男ウケが悪い?男性の本音に迫る

    あなたは「つまらない女」と聞いてどんな人を連想しますか?ほとんどの人が「話が面白くない人」だと認識しているのではないでしょうか?

    「つまらない」という言葉には、「面白くない」「興味が湧かない」という意味が含まれています。したがって、つまらない女は、男性にとって興味が湧かない女だということになります。話がつまらないだけであれば、つまらない女とまでは言えない場合もあるのです。

    まずは、つまらない女に対する男性の見方について解説します。

    「つまらない女」は男性に嫌われる?


    つまらない女は男性にモテないどころか、「嫌い」「苦手」だという男性も少なくありません。出会った時点で「つまらない女」と思えば、最初から異性としてみなくなることもありますし、興味すら湧かないという男性もいます。

    さらに、嫌われてしまう理由は「話がつまらない」ということだけが原因ではないようです。つまらない女からは、人を寄せつけたくないオーラが出てしまうため、深い関係性を築くまでに人よりも多く時間がかかってしまう傾向にあります。そのため、早く親しい関係を築きたいと考える男性には「面倒な女」に見えてしまい、避けられるようになるのです。

    「つまらない女」と「魅力的な女」の違いとは


    簡単に言えば、つまらない女とは男性の興味をそそらない女性のことを指します。反対に、男性が「この人のことが気になる」と思うような女性が、魅力的な女であると言えるでしょう。

    どんなに美人でスタイルのいい女性でも、なかなか彼氏ができなかったり、全くモテない人っていますよね?そんな人はつまらない女の部類に入っている可能性が高いです。その反面、見た目は普通でもモテモテな人は、男性を惹きつける何かを持っているはず。

    その違いについても解説していきますので、ぜひ読み進めていってくださいね。
  • 「つまらない女」の特徴とは?【他人編】

    「つまらない」という言葉の中には、いろいろな意味が含まれています。「話がつまらない女」と「つまらない女」だと、大きく意味が違ってくるのです。

    ではさっそく、具体的につまらない女の特徴をご紹介します。

    自分の意見がない


    つまらない女に共通する特徴が、自分の意見がないことです。周りの意見についつい合わせてしまうのは、日本人の大きな特徴でもありますが、つまらない女は合わせるか合わせないかの前に、自分の意見をすら持っていないことが多いです。

    悪くいえば、自分では動こうとせず、他人に決断させる人です。人に「どうしたい?」と聞かれても「何でもいい」「どっちでもいい」と答えるタイプの人は、他人からすればつまらない女だと感じるでしょう。

    最初の頃はよくても、毎回続くと「何でオレばっかりが決めなきゃいけないの」と男性が疑問に思うのも当然です。

    リアクションが薄い


    嬉しい、悲しい、怒りなどの感情を表に出さない人、あるいは出せない人は多くいるでしょう。それだけでなく、つまらない女は相手の話を聞いても「へー」とか「うん」など、そっけない返答ばかりします。

    そっけないリアクションがクセになってしまうと、本当は楽しいと思っていても、他人からは楽しくなさそうに見られてしまうようになります。「話聞いてる?」や「つまらない話してごめんね」など言われたことがある人は、要注意です。

    何事にも消極的


    つまらない女は、物事に対してとても消極的です。会話の中で自分の意見を発信することはとんどないですし、恋愛や仕事に対しても自分から行動に移さないタイプが多いでしょう。

    消極的な女性に対して、男性は毎回自分からアプローチしなければなりません。それどころか、女性側の反応が薄かった場合は手ごたえすら感じられず、先に進めなくなるでしょう。ボールを投げても相手から返ってこなければ、楽しくありませんよね。

    本音で話さない


    日本人女性には多くいるかもしれませんが、つまらない女のほとんどは本音で話そうとしません。「へーすごいね(本当はすごいと思っていない)」「それでいいと思う(本当はもっといい方法があると思っている)」など、言葉の裏に本心を隠していることが多いです。

    自分に自信がなかったり、トラブルを避けたいと感じているタイプは、自然とこのような会話の仕方が身についてしまいます。上辺だけの会話であることを相手に見抜かれてしまうと、相手にとっては意味のない会話になってしまうのです。

    知らないことが多すぎる


    基本的なマナーや常識など、社会に出れば誰にでも分かるようなことを知らずに育つと、周りの話についていけないことが必ず出てきます。時事問題、法律など社会のことに関して全くといって関心がないような女性は、男性と話をする際に会話が成立しない可能性が高いです。

    こちらから質問を投げかけても「分からない」と言われてしまっては、そこで会話は終了してしまいます。そんな女性はつまらない女だと思われても仕方がありません。

    「こんなことも知らないの?」というような、当たり前のことですら知らない人に対して、いちから教えてあげたいと感じる人は少ないでしょう。