「結婚初夜」の意味やマナーとは?みんなの初夜エピソード集も紹介!

  • もし初夜のセックスで相性が悪かったら?

    ずっと処女を守り続けて初夜に初めて結ばれたのに、なんだか相手と身体の相性がしっくりこなかったら、これって離婚の危機?と感じる方もいることでしょう。身体の相性が悪いからといって離婚するのは大げさだ、という人もいますが、それくらい身体の相性は大切なポイントですよね。

    では、初夜のセックスで相性が悪かったらそうすれば良いのでしょうか。初夜のセックスの失敗の原因と解決策を考えていきましょう。

    お互いが不慣れだった


    お互いがセックスに不慣れだった場合は、相性が悪く感じてしまうこともあります。身体の相性は回数を重ねるうちに変わり、初めは合わなくても慣れてくると徐々に馴染んでくることもあるので、一度セックスしただけで相性が悪いと決めつけてしまうのはもったいないことです。

    そのときの気持ちや体調に左右されることもあるので、日を変えて何度か試してみましょう。

    セックスに対して積極性がない


    女性は男性よりもセックスに対して抵抗感が強かったり、積極性がなく受け身である傾向が強いと言われています。常に受け身で反応の薄い女性は「マグロ」と呼ばれ、男性からガッカリさせる可能性が高くなります。

    セックスはお互いが雰囲気を作り上げていくものです。リードされるままに男性に全て任せきりにしてしまうと、相手もあなたの態度に不安を感じ、相性が悪いのではないかと感じてしまいます。恥ずかしくても言葉で伝えたり、少しオーバーかなと思うくらい反応した方が、男性に喜ばれ良い雰囲気でセックスできますよ。
  • 結婚初夜エピソード集《ラブラブ編》

    ここからは、結婚初夜の甘いラブラブエピソードをみていきましょう。こんな素敵な結婚初夜を過ごせたら、これから先もずっとラブラブな二人でいられることは間違いないでしょう。

    二人でゆっくり最高の夜を過ごせた


    「結婚式の準備で忙しくてふたりの時間が取れなかったので、結婚式が終わった日は久しぶりにゆっくり過ごしました。いつもは恥ずかしくて言えない感謝の言葉を手紙に書いて交換したり、付き合い始めの頃の写真を二人でみたりと、とても初々しく過ごせました」(33歳/女性/会社員)

    「二人とも疲れていたので、セックスする気もなく布団でゴロゴロ。そのうちに彼がちょっかいをかけてきて気づいたらそういう雰囲気に。結局最後まではしませんでしたが、気が済むまでいちゃいちゃできて最高の一日でした」(23歳/女性/保育士)

    「父が私の生まれ年に買ってくれたワインをずっと大切に保管していたのですが、飲むなら今日しかない!とついに栓を開けました。年代物のワインを見て、私の小さい頃をよく知らない彼も『大きくなったね』としみじみ。結局二人して酔いつぶれたのであまり記憶はありませんが、とても幸せでした」(34歳/女性/主婦)

    海外でロマンティックな初夜


    「ハワイで挙式したので、結婚初夜は海外で過ごしました。日本とは全然違う開放的な景色と、普段とは違うキザな旦那にメロメロ。二人で見たサンセットは一生忘れられない思い出です」(28歳/女性/会社員)

    「彼女の希望でモルディブで式を挙げました。式を挙げる前までは正直日本でも一緒だと思っていましたが、モルディブの青い海に圧倒され、海外で挙式して大正解だと思いました。白いドレスを着た彼女があまりにも綺麗で、これから何があっても絶対幸せにしようと改めて覚悟を決めました」(39歳/男性/自営業)

    これまでで一番燃えたセックス


    「子どもが早く欲しかったので結婚初夜は避妊せずにセックスしましたが、そのせいかいつもより興奮して何回しても元気でした(笑)。妻もいつもより求めてくれていて、結局朝まで愛しあいました。結婚初夜が今までで一番燃えたセックスです」(37歳/男性/会社員)

    「ムードが大事だと聞いていたので、結婚初夜は部屋の雰囲気にもこだわりました。付き合って初めて彼とセックスした日のことを思い出して、ついに結婚したんだとドキドキしたのを覚えています。彼も同じ気持ちだったみたいで、とても熱い夜を過ごせました」(25歳/女性/会社員)