付き合う前のバレンタインデートの誘い方!おすすめチョコ5選も紹介

  • 付き合う前の「バレンタインチョコ」の渡し方

    チョコ選びにも迷いますが、バレンタインチョコを渡す方法も迷うところです。付き合っているのなら「バレンタインだからチョコあげるね」と何も考えずに渡せます。しかし付き合う前なら、告白をどうするのか、チョコをいつ渡すのかなど、考えることがたくさんあります。

    では、どうすればバレンタインチョコを上手く渡せるのでしょうか?ここでは、成功率の高い渡し方を紹介していきます。

    数日前に渡す


    バレンタインチョコだからといって、バレンタインデー当日を狙う必要はありません。バレンタインデー当日だと、義理チョコやライバルの本命チョコに紛れてしまうことがありますよね。

    そこで、バレンタインデー当日ではなく、数日前にチョコを渡してしまいましょう。すると、あなたのことが印象に残りやすくなります。うまくいけば、バレンタイン当日にデートが実現するかもしれませんよ。

    デートの帰り際に渡す


    デートはしているけど、まだ付き合う前という関係なら、バレンタインデートの帰り際にチョコを渡しましょう。バレンタインデートなら、彼はチョコを期待しているはずです。その期待を最後まで引き延ばすことで、チョコの効果を高めるのです。

    帰り際にチョコを渡すと、別れてからもずっと彼はあなたのことを想いながら余韻に浸れます。それだけあなたのことを考える時間が増えるというわけです。

    義理チョコに紛れて渡す


    付き合う前に本命チョコを渡すのは恥ずかしくて無理…という女性もいるでしょう。その場合は、ほかの女性の義理チョコに紛れせて渡すという方法もあります。自分も義理チョコを渡す素ぶりで渡せば、周りから変に思われませんし、意中の彼も何も考えず受け取ってくれるでしょう。

    ただし、ただの義理チョコだと思われないように工夫が必要です。わかりやすいところにメッセージカードを忍ばせておけば、あなたの気持ちに気づいてもらえるでしょう。

    休憩中に差し入れを装って


    片思いの男性と職場が同じなら、休憩中に差し入れを装ってチョコを渡しましょう。会社で本命チョコを渡すのは難しいですよね。また、本命チョコをもらうところを会社の人に見られると、彼も居心地悪く感じるかもしれません。

    それなら「お疲れ様」とさりげなくデスクに置いて「お返事、楽しみにしてます」と言えば、彼をドキッとさせることができるでしょう。