付き合う前のバレンタインデートの誘い方!おすすめチョコ5選も紹介

  • 付き合う前の「バレンタインチョコ」選び方のコツ!

    付き合ってからなら、相手の趣味がだいたいわかっているので、好みのチョコをプレゼントできますよね。しかし付き合う前のバレンタインの場合は、何を選んだらよいのか悩んでしまうという人の方が多いのではないでしょうか?

    付き合う前のバレンタインのチョコ選びには、ちょっとしたコツがあります。ポイントを押さえて、喜ばれるものを贈りましょう。

    脈アリなら思い切ってハートモチーフに


    もうすでに何度かデートをしていて、相手が「脈あり」なのが分かっているのなら、思い切ってハートモチーフのチョコレートを選びましょう。

    もちろん普通のチョコレートでも喜ばれるとは思いますが、いい雰囲気になっている段階のバレンタインだと、相手の男性もそれなりのプレゼントを期待するものです。こちらの好意を匂わせるハートモチーフにすると、よりロマンチックにあなたの気持ちが伝わりますよ。

    チョコ+αのプレゼントもアリ


    バレンタインに告白をしようと考えているのなら、チョコのほかにプレゼントを付け足すのもおすすめです。あえてチョコは小さなものにして、プレゼントで他の女性に差をつけるのです。

    バレンタインですから、意中の男性は義理チョコももらいますよね。女性の多い職場だとチョコを配る人も多いので、チョコレートだけでは残念ながらインパクトに欠けてしまいます。例えば、一粒のハートチョコに彼の好みのプレゼントを付けるなど、他の人とかぶらない工夫をするのがポイントです。

    他の男性と差別化する


    学校や職場では、本命の男性だけでなく、ほかの男性に義理チョコを配ることもありますよね。しかし、本命と同じように義理チョコを配っていては、あなたの気持ちは伝わりません。

    男性陣は喫煙室や休憩室でバレンタインチョコの話をしているかもしれません。そんなとき、同じチョコを他の男性にもあげているのが分かれば、意中の彼だって面白くないでしょう。パッと見ただけで義理チョコではないと分かるものを選ぶことが大切です。

    彼の好みを事前にリサーチ


    誰かへのプレゼントを選ぶときには、事前にどんなものが好きなのかリサーチしますよね。バレンタインチョコも同じです。意中の彼の好みからかけ離れたものを贈っても、感謝はされるでしょうが、内心ではあまり喜んでもらえないかもしれません。

    例えば、甘いものが苦手な彼にチョコをあげたとします。彼は「ありがとう」と言うと思いますが、嬉しいとは思わないでしょう。付き合う前でも、彼の好みのものを準備して、他の女性と差をつけちゃいましょう。