甲斐性ってどんな意味?避けるべき「甲斐性なし」な男の特徴も解説!

「甲斐性なし」の男性とは、意気地がなくて頼りない男性のこと。結婚したくない男性の特徴としてよくあげられます。こちらの記事では、「甲斐性」の意味や、できればひっかかりたくない「甲斐性なし男」を見分ける方法、甲斐性なしの矯正法などをご紹介します!

  • そもそも「甲斐性」とは?

    「甲斐性」は「かいしょう」と読みます。「かいしょ」と読んでも間違いではありませんが、正式なものではありませんので「かいしょう」と覚えておきましょう。

    その甲斐性を使った「甲斐性なし」という言葉があります。なんとなくダメそうなイメージがあるのではないでしょうか。「甲斐性」が「ない」となぜ「ダメ」な意味になるのか?こちらでは甲斐性の意味と語源、英語表現などをご紹介します。

    「甲斐性」の意味


    甲斐性は「やる気にあふれた性質」を意味します。物事をやり遂げるための気力や根性があり、頼もしい人にあてはまる言葉です。主に経済的な生活力について指すことが多く、家族を養う経済力がある人に対して「甲斐性がある」といいます。

    「甲斐性なし」「甲斐性がない人」は、それらの能力がない人のことです。「経済力がない、頼りない、意気地がない」など、情けない人に使われます。女性に対して使うこともありますが、ほとんどの場合男性を指す言葉です。甲斐性なしとはダメな男、いわゆる「ダメンズ」であると覚えておきましょう。

    「甲斐性」の語源


    甲斐性の語源は諸説ありますが、お金に関する性質のことを言う場合が多いため、ここではお金にまつわる語源をふたつご紹介します。

    まず一つ目として、昔、甲斐の国で良質な金が産出されていたため、金銭的に余裕があるさまを指して「甲斐性」と言ったという説があります。二つ目に、甲斐性は「買う」から来ており、お金を出して買うほどの価値があるものを「甲斐性」と言った、という説もあります。

    「甲斐性」の英語表現


    甲斐性は前述のとおり、色々な意味合いを含んでいます。そのため、甲斐性そのものを表した英語表現はありません。

    甲斐性の「やる気にあふれて頼もしい性質」を表現する英語表現は「resourceful」です。「a resourceful man」で「能力に富んだ人」という意味になります。また「an able man」といえば「やり手の男」という意味になり、「甲斐性のある男」と意味が近い言葉です。