40代男女の赤裸々セックス事情!夫婦のセックス頻度や性欲の変化は?

  • 40代女性のあるあるセックス事情

    セックスに衰えを感じ自信を失うことが多い40代男性に対して、女性は逆に性に奔放になる人が多いようです。その奔放さから、夫だけでは物足りなくて不倫に走るなんてことも。

    しかし、40代女性もまた自分の体の変化に戸惑いを感じることがあります。ここでは、そんな40代女性ならではのセックスあるある事情について、詳しく見ていきましょう。

    40代になってからセフレができた


    「出会い系で気が合った男性とセフレ関係になり週一で関係をもってます。夫に悪いとは思うけど、いろんな意味で充実してるんですよね」(45歳/女性/)

    出会い系サイトなどでは、40代女性をセフレにしたい男性が増えているのを知っていますか?

    その理由は、性的に熟していることや、結婚しているため割り切った付き合いが出来るからです。恋愛や結婚を気にせずセックスだけを楽しむことができるため、深い関係を求めていない男性にとっては魅力的なのでしょう。

    セックスだけのドライな関係のつもりがハマる女性がいるのも事実。そうならないように気を付けましょう。

    夫に拒否される


    「夜の営みは旦那に拒否されてます。1人で慰めても物足りなくてセフレが欲しいと真剣に思ってしまう私…。自分が怖いです」(44歳/女性/パート)

    性欲が増しているのに夫に放置されてしまっては、やり場のない性欲をセフレで解消したいと思ってしまうのも無理はありませんよね。

    性欲を満たすためにセフレは欲しいけど、結婚生活は壊したくない。そのため、1人で悶々とした日々を過ごす40代女性は多いと思われます。

    濡れない


    「最近思うように濡れなくなりました。セックスのとき痛くてつらいです。夫は段々不機嫌になるし、夜が怖いです」(45歳/女性/会社員)

    40代を過ぎると女性の体は閉経に向かいます。それは、女性なら誰の身にも起こることですが、そのような体の変化から、セックスのときに膣が濡れなくて痛みを感じることもあります。

    その原因は、オキシトシンというホルモンが十分に分泌されなくなるためです。オキシトシンは、別名幸せホルモンとも呼ばれ、セックス時には愛撫をされることで分泌量が増加します。

    ちなみに、オキシトシンの分泌はセックスのときだけではなく手を繋いだりハグするだけでも分泌量が増えます。普段からスキンシップを夫婦ですることでも効果があるのでおすすめです。

    緩くなったといわれる


    「出産後、旦那に緩くなったといわれてセックスの数が減りました。だから、膣圧上げる体操してます」(42歳/女性/主婦)

    膣は伸縮性があるため、赤ちゃんを出産後に膣が伸びたまま戻らずに緩くなってしまう女性もいます。

    しかし、膣の緩みは自分ではわからないもの。セックスのときに、夫に指摘されて自分の膣の緩さに気付く人がほとんどです。

    膣の締りを良くしたい人は、お尻の穴に力を入れる膣圧体操がおすすめです。キッチンで立ち仕事をするときなど膣圧体操をして元に戻るように努力しましょう。