40代男女の赤裸々セックス事情!夫婦のセックス頻度や性欲の変化は?

  • 40代男性のあるあるセックス事情

    外見は若々しくても、性的には確実に変化がみられるのが40代です。男性にとってセックスは男としての自信のバロメーターです。そのため、セックスで衰えを感じるとショックを受け、男としての自信を失くす男性も少なくありません。

    ここからは、そんな40代男性が陥るあるあるセックス事情について詳しく見ていきましょう。

    いざというときに勃起せず…


    「40歳を過ぎてから勃起しないことがあります。妻は気にするなといってくれますが、やはり男として情けない…」(46歳/男性/自営業)

    40代になると男性は、いざというときに勃起しない現象が起こります。セックスする気満々なのにもかかわらず体が言うことを聞いてくれないのは、辛いことですよね。しかしこれは、40代以上の男性にはよくあることなのです。

    いざというときに勃起できないと、とても気まずい気持ちになるという男性は多いもの。女性は気にしていないことを告げて、明るく接してあげると良いでしょう。

    早い


    「最近、夫が早漏気味です。年齢のせいかなと思うけど、正直なんだか物足りなくて…」(40歳/女性/公務員)

    早漏気味の男性の多くは、「女性を満足させてあげられない」と引け目を感じています。中には毎回早くイキすぎてしまうために、妻とセックスするのが怖いと感じている人も。

    そうなる原因として、衰弱性早漏があげられます。衰弱性早漏とは、射精をコントロールする筋肉が衰えることですが、それ以外にも過度なストレスが原因になることもあります。衰弱性早漏を予防するためにも、普段から精神的にリラックスするように心がけると良いでしょう。

    妻に拒否される


    「夜、妻を誘っても相手してくれない。家事や仕事で疲れてるのはわかるけど、このままでは浮気しそうで…。いつまで自分を抑えられるか怖いです」(42歳/男性/工場作業員)

    セックスする気は満々なのに妻に拒絶されてばかりだと、肉体的にも精神的にも不完全燃焼で辛いですよね。そんな時は一度、日々の生活で妻に負担をかけすぎていないか考えてみましょう。

    夫婦共働きなら、家事、育児の分担ができていないことが、妻にセックスを拒否される原因になっていることもあります。妻にだけ任せっぱなしで自分は何もしないを繰り返しているようでは、セックスに応じてもらえないのも無理はありません。

    自信がもてない


    「最近、思うようにセックスできなくて自信を失ってます。妻は気にしてないというけれど、この先、男として不安しかありません」(47歳/男性/運転手)

    40代になると勃起しなかったり早漏になったりすることは珍しくありません。誰もが通る道だと頭では理解していても、簡単に受け入れられるものではないため、本人にとってはとても辛いことです。

    夫がセックスに自信がもてないとわかったときには、妻はサポートしてあげましょう。夫が自宅でリラックスできるようにするなど工夫すると効果的です。