40代男女の赤裸々セックス事情!夫婦のセックス頻度や性欲の変化は?

  • 40代男性の「性欲の変化」

    男性の性欲の強さは、年齢に応じて減少していくのが一般的です。男性の性欲は10代がピークと言われているため、40代になると衰えている人も多いでしょう。

    ここでは、そんな40代男性の性欲の変化について、詳しく解説していきましょう。

    性欲自体は変わらない


    「性欲自体は変わってないと思いたい。だけど最近は体力がついていかない」(47歳/男性/営業職)

    こちらの意見のように、「性欲自体は昔と変わっていないけれど、体力が著しく衰えている」と感じている40代男性は少なくありません。体力がついていかないことが原因で、性欲があるのにセックスに自信がもてないという人も多いです。

    もちろん個人差はありますが、頭と体のアンバランスに悩み始めるのも、40代男性の特徴なのです。

    昔より落ち着いた


    「妻に『若い頃に比べて落ち着いたわね』と言われて、性欲が衰えてきたことを自覚した」(41歳/男性/自営業)

    40代に突入して、若い頃よりも性欲が落ちついてきたと感じる男性は多いです。奥さんに「最近落ち着いてきたね」と指摘されて、性欲が減少してきたことに気づく男性もいるでしょう。

    仕事や育児など、若い頃とは違う状況下に置かれることで体力を消耗し、性欲よりも疲労感が上回ってしまうのでしょう。

    ストレスが大きくて性欲がわかない


    「転職してから仕事のストレスが凄い。妻が求めてきてもその気になれなくて申し訳ないと思っています」(42歳/男性/営業職)

    転職して新しい環境に変わったことで精神的に余裕がなくなり、セックスに気持ちが向かなくなる人もいます。仕事などでストレスがかかると、性欲がわかなくなってしまうのです。

    夫がストレスに弱い場合は要注意。セックスレスを避けたいなら、家庭内でリラックスできる環境を整えてあげましょう。

    セックスよりオナニーが良い


    「子供が生まれてからセックスを断られることが多くて1人で処理してたら、今では妻とのセックスよりもオナニーが良くなりました」(33歳/男性/IT関係)

    セックスしたいときに妻がOKしてくれないこともあります。そんなときは、1人で性欲を処理しなければなりません。

    妻としては、浮気をされるよりはマシかもしれません。しかし、オナニーにハマりすぎて妻に興味がなくなってしまう男性も多いので、要注意です。