エッチの誘い方【完全版】男女別のセックスに誘う方法&注意点は?

  • エッチに誘う際のポイント&注意点《彼氏編》

    ここまで読めば、もう誰でもエッチの誘い方は完璧なのでしょうか?答えはノーです。エッチに誘う際の注意点が、まだいくつか存在します。ここでは、体験談などを紹介しながら、エッチの誘い方のポイントを紹介していきます。

    彼女に予定が入っていないか聞いておく


    「0時過ぎに彼女をエッチに誘ったら、『私、明日朝早いんですけど』って怒られました」(27歳/男性/製造業)

    お泊りデートの場合は、次の日に彼女に予定が入っていないかどうかの確認をしましょう。翌日、彼女が仕事や用事で朝起きをしなければいけないにもかかわらず、夜遅くにエッチに誘おうものなら、断られるどころか怒られてしまうかもしれません。

    彼女の予定も考えない自分勝手な男、または空気が読めない男と思われてしまいます。彼女がエッチできる状況なのか、次の日忙しくないかをしっかりと考えて行動しましょう。

    ムードを大切にする


    「デート中、『疲れたから早く部屋に戻ろう』と彼女に言ったら機嫌が悪くなってしまい、帰宅後のエッチの誘いを断られました」(29歳/男性/土木業)

    女性はムードを大切にします。「デート疲れた」などの発言をしたら、ムードが台無しになってしまうので控えましょう。あまり無神経に振る舞うと、その後のお泊りでエッチに誘っても、断られてしまうかもしれません。

    いくらデートで疲れても、「今日は〇〇と一緒に過ごせて最高の一日だった」と言い、彼女の身も心も満足させてあげましょう。そう伝えるだけで、彼女は自然とあなたに身をゆだねてくれるはずです。

    彼女の体調を気にする


    「彼女の機嫌が少し悪かったのですが、どうしてもその日は彼女とエッチがしたくてエッチに誘ってみたところ、『今日女の子の日なんですけど?』って鬼の形相で言われました」(31歳/男性/公務員)

    エッチに誘う前に、彼女の体調や、機嫌が悪くないかどうかの確認をしましょう。彼女がつらいときに、無神経にエッチしようと誘ったら、さらに機嫌が悪くなってしまうでしょう。彼女が女の子の日なら、なおさらです。

    自分のエッチしたいという気持ちよりも、相手のことを優先して気遣える男性を目指しましょう。

    エッチの誘い方を考え直す


    「良いムードを作ろうとして、彼女に甘くささやいてみたり、スキンシップを多めにとっていたら、彼女から『何がしたいの?』って言われちゃいました(泣)」(21歳/男性/大学生)

    ここまで紹介してきたエッチの上手な誘い方を実践してもうまくいかないという男性は、もしかしたらその誘い方が自分のキャラクターにあっていないのかもしれません。また、女性との付き合いやセックス経験の浅い男性が、すぐに良いムードを作るのは難しいです。

    ムードを作ろうとしてもうまくいかず、変な空気になってしまう場合は、エッチの誘い方を考え直してみる必要があります。シンプルにエッチがしたいと伝える方法や、お泊りデートに後押ししてもらう方法に変えてみましょう。まずは自分にあったエッチの誘い方で、経験を積むことが重要です。
  • エッチに誘う際のポイント&注意点《彼女編》

    では次に、彼女からエッチの誘う場合のポイントや注意点について紹介していきます。彼女の方からエッチに誘ってみても、彼氏の反応がイマイチという人は、あまり良くない誘い方をしている可能性があります。

    いくつか例を挙げて紹介するので、チェックしてみて下さい。もしかしたらあまり良くない誘い方に当てはまる誘い方をしてしまっているかもしれません。

    大胆過ぎる誘い方は引かれる場合も


    「エッチな下着を購入したので、彼氏に見て欲しくて、自分から服を脱いで彼氏にアピールしてみたのですが、『へぇ…』としか言われませんでした。なんだか少し引かれているような気がしました」(27歳/女性/美容師)

    男性の本音を言えば、女性からエッチに誘われるのは嬉しいです。ですが、大胆過ぎる誘い方をされると、引いてしまう男性がいるのも確かです。彼女の服を脱がせた時に、エッチな下着だったら興奮するという男性もいますが、彼女の方から「見て見て!」とアピールされると、引いてしまう男性もいます。

    また彼氏は何も聞いていないのに、彼女の方から生理終わったアピールをされるのも、少し節操がないと思われてしまうかもしれません。彼女とセックスできるまでのドキドキを味わいたいと思う彼氏の場合、少し冷めてしまう可能性があります。

    大胆なことは良いことですが、あまりいきすぎた誘い方は避けましょう。

    誘うタイミングを考える


    「彼とランチを食べた後に公園でデートをしていたら、なんだか良い雰囲気になったので、昼間でしたが勇気を出して『ホテルで休む?』と言ってみたところ、『僕もそう思ってたとこ!』と言われ、とても熱いエッチができました」(30歳/女性/営業)

    デート中に良い雰囲気になり、このままエッチがしたいと思ったら、遠慮せずに彼氏をエッチに誘ってみましょう。

    「なんだか疲れちゃった。場所、変えよっか」と甘えて言えば、彼氏も誘いに乗ってくれると思います。良い雰囲気になれたら、たとえ昼間でも誘ってOKです。きっと熱いエッチができますよ。

    逆に、彼氏が翌日、朝早くから仕事があるのを知っていながら、夜遅くにエッチしようと誘うのは控えましょう。彼氏の方から誘ってきた場合も、「大丈夫?無理してない?」と気遣うくらいのゆとりを持ちましょう。どちらもタイミングが重要です。

    反応し過ぎはNG


    「イチャイチャからエッチがしたかったので、彼が私の身体に触れる度に、少し大げさに『あ…あん』と声を出してみました。そしたら彼に『まだ何もしてないんですけど』って言われ、笑われました(恥)」(24歳/女性/アパレル関係)

    ちょっとボディタッチするだけで、喘ぎ声のような声を出して反応すると、演技に思えてしまい、萎えてしまう男性もいるでしょう。もちろん、それが好きな男性もいるとは思いますが、過剰に反応し過ぎるのは控えましょう。

    オープン過ぎる誘い方は彼氏が萎える可能性も


    「私はオープンな性格なので、彼とエッチがしたくなると『じゃあエッチしよっか』と恥ずかしげもなく誘っています。そしたらある日、彼に『〇〇ちゃんとのエッチは全然ドキドキしない』と言われてしまいました」(25歳/女性/OL)

    最初は緊張したエッチの誘い方も、慣れてくると次第に雑になってしまいがち。あまりオープンな誘い方をし続けると、エッチ前のドキドキを味わいたい男性は、萎えてしまうかもしれません。

    いくら信頼できるパートナーでも、エッチの際は多少の恥じらいを持つようにしましょう。