貧乏飯レシピまとめ【食材別】節約&ダイエット向けレシピを一挙公開

節約しながら美味しくご飯を食べられる「貧乏飯」のレシピを大公開!栄養がしっかり補給でき、ダイエットにも最適なレシピを集めました。節約貧乏飯でも、アレンジ次第で飽きずに楽しむ事ができます。節約している方、必見です!

  • そもそも「貧乏飯」とは?

    「貧乏飯」という言葉をご存知ですか?聞いたことはあるけど、よくわからない方も多いのではないでしょうか?

    こちらでは、貧乏飯について掘り下げてお話していきます。貧乏飯のレシピなどもご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

    「貧乏飯」とは


    貧乏飯とは、経済的な理由などにより、食費に充分なお金がかけられない時に作る料理です。食材費や調理費を抑えて安く作る貧乏飯は、お金をかける代わりにいろいろな工夫をほどこして、美味しく食事をするために考えられたものです。

    給料日前や、仕送り前など、お金がない時にも、低コストで美味しく、おなかいっぱいになれる強い味方です。

    節約やダイエットに最適


    貧乏飯は食費や調理費を安く抑えたものなので、日々の節約に活用できます。生活している中で費用を抑えるには、やはり食費を削る事が一番実行しやすいですよね。

    また、貧乏飯でよく使う食材は、ダイエットにも適しているものが多いです。レシピを工夫してダイエットメニューにすれば、節約しながらダイエットにもなるので一石二鳥ですね。
  • あるある!貧乏飯におすすめ食材とは?

    貧乏飯作りのポイントは、低コストな食材を使用することです。そんな貧乏飯に使える食材には、一体どんなものがあるのでしょうか?

    こちらでは、貧乏飯におすすめの食材をいくつかご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

    お米


    お米はお腹も満たされますし、お米さえあればなんとかなると言っても過言ではありません。貧乏飯にはなくてはならないものと言えるでしょう。値段はお米の銘柄や種類によっても様々ですが、5キロで2千円前後で買うことができます。炊かなくてもレンジで調理する事ができるレトルトのパックのご飯もあり便利です。

    お米には炭水化物が多く含まれているためエネルギー源になりますし、ビタミンやミネラルなどの栄養素も含まれています。アレンジもしやすいのでおすすめですよ。

    納豆


    貧乏飯のおすすめの食材としてあげられるのが納豆です。納豆はスーパーやコンビニなどでもたくさん種類が売られており、安価で手に入れやすい食材です。また、栄養素の面でもとても優れた食材であり、健康に気を遣っている方にもおすすめですよ。

    納豆は、人が健康を維持するのに必要な五大栄養素であるタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル全てを含んでおり、さらに食物繊維やイソフラボン、レシチン等も含まれている、とても栄養価の高い食品です。そのまま食べても、アレンジしても美味しくいただけますよ。

    もやし


    貧乏飯の強い味方といえば、外せないのがもやしです。もやしのおすすめポイントはなんと言ってもその価格が安い事!スーパーやコンビニなどで手軽に手にはいり、1袋30円程度で販売されています。

    もやしにはタンパク質、ビタミンB群、ビタミンC、カリウム、カルシウムなど、たっぷりの栄養が含まれています。カロリーも低いので、ダイエット中の方にもにもおすすめです。安価で手に入りますし、カロリーも低いのでお腹いっぱいたくさん食べられますので、レパートリーを増やして積極的に活用しましょう!


    卵は、ひとつあるだけでメニューの幅をぐんと広げてくれる優秀な食材です。さまざまな調理方法やアレンジが可能で、レシピも豊富。調理法次第では、メインにも副菜にもなります。

    タンパク質や必須アミノ酸が含まれているなど、栄養価が高いのもメリットです。価格もそれほど高くないので、貧乏飯にはもってこいの食材と言えるでしょう。

    パスタ


    一人暮らしの貧乏飯にはなくてはならないのがパスタです。販売店にもよりますが、比較的安価で手に入り、ボイルして好きな味付けをすれば、立派な食事が簡単にできあがります。

    本格的なものも作れますし、お手軽にお好みの市販のソースをかけるだけでもいただけるので、料理が苦手な人の強い味方ですね。

    パスタのカロリー自体は高めなのですが、炭水化物の中では比較的GI値が低いので、血糖値の上昇が穏やかだと言われています。そういう面では、取り入れ方次第でダイエットの味方にもなってくれそうですね。