「耳舐め」をする男性の心理|嫌なときの対処法&耳舐めテクを伝授!

  • 感じる「耳舐め」テクニック5選

    「耳舐め」が上手くなりたい人のために、テクニックをご紹介します。そうはいっても難しいテクニックはありません。簡単な行為がパートナーの快楽を高めてくれます。照れてしまうと効果が薄れることもあります。攻めるからにはなるべく大胆にしましょう。

    舐める前に焦らす


    「耳舐め」をいきなりしてはいけないことはお伝えしました。反対に、相手の反応を感じながら、焦らすように耳舐めすると、パートナーの感度を上げることができます。実際にするときには、耳周辺に口を近づけて吐息がかかるくらいで、いったん止めます。

    それに対して反応が悪くなければ、軽く唇を当てる程度のキスを耳にします。体を硬直させたり、くずぐったいそぶりがなければ、舌で耳たぶや耳の外側をかるく撫でるように舐めましょう。それだけでもパートナーにいつもと違う快感を与えられるはずです。

    ツボを攻める


    パートナーの反応を見て気持ちいいと感じるツボを見つけてみましょう。耳たぶへの弱い刺激・甘噛みしてちょっとだけ強めの刺激・耳全体を包み込むような刺激など、どこが相手の気持ちいい部分なのかを確かめるように「耳舐め」するのです。

    激しくし過ぎないように注意しながら、気持ちいい部分を探してあげます。パートナーが徐々に乱れてくれる姿を見て、攻めているほうも興奮できるでしょう。

    音を立てる


    チュルチュル、チャプチャプといったエッチな音をわざと立てるのも効果があります。性的行為で音の効果は意外とあって、暗いところでセックスをする男女では特に重要です。男性のなかには彼女の感じている声を重要視している人がいるくらいなんです。

    ASMRという言葉をご存じでしょうか?Wikipediaによると「自律感覚絶頂反応」と訳される医学用語ですが、日本では快感を覚える音の総称のように使われています。

    「耳舐め ASMR」でネット検索するとYouTubeの音源がたくさんあり、気軽にチェックすることができます。男性向けに作られたものも多いので、視聴すると男性がどんな音で興奮するのかがわかりますよ。

    エッチな言葉で攻める


    俗にいう言葉攻めです。「音を立てる」でご紹介したASMRの音源にも「耳舐められて感じてるんだ。変態さんだね。」などという声優さんの声が収録されています。ここまでセリフっぽいことを言葉に出すのは恥ずかしいですが、「変態」といわれると興奮する人もいますので、思ったことを素直に口に出すことから始めるといいでしょう。

    「変態」「エッチ」などと相手を下げたり、反対に「かわいい」「たくましい」などといって相手を上げるのも効果的です。「気持ちいい」「熱い」などの快感を表す言葉を、できるだけ口に出すことを心掛けると、気持ちの高揚につながります。

    耳から愛撫する箇所を広げてゆく


    耳から少しずつ愛撫する箇所を広げていくようにしましょう。キスしてボディータッチし耳を舐めます。「耳舐め」も軽いタッチから、音を立てるような激しい攻めに少しずつ変えていきましょう。その時に相手が受け入れてくれたら、首筋や鎖骨、胸へと愛撫する範囲を広げていきます。

    さらにはローテーションするのも効果的です。「キス」→「耳舐め」→「首筋」→「キス」→「耳舐め」というように、じわじわ強くして行くようなイメージで攻めましょう。攻守を交代して、相手に攻めてもらうのも大切です。ゆっくり時間をかければかけるほど、愛情も快感も深まるはずです。