「耳舐め」をする男性の心理|嫌なときの対処法&耳舐めテクを伝授!

  • 「耳舐め」は苦手…嫌なときの対処法とは?

    「耳舐めが苦手で断りたいけど、パートナーと気まずくなりたくない」と思う人は、どうすればいいでしょうか。別の行為に素早く移行するというテクニックから、はっきり伝えるときに気をつけたいポイントまで詳しく解説します。

    キスで誤魔化す


    「耳舐め」が好きなパートナーであればキスが嫌いなことはないでしょうから、相手の口が耳に近づいてきたら、すっと顔を上げてキスしてしまいましょう。なるべく情熱的なキスがいいですね。

    耳舐めしようとするたびにキスを要求され続ければ、そのうちパートナーも耳舐めはNG行為なのだと気づいてくれるでしょう。

    正直に「耳は苦手」と伝える


    「耳はダメなの」と伝えて、それだけで関係が悪くなってしまうことはないでしょう。「ノリが悪い」と思われるか心配かもしれませんが、そもそもお互いに気持ちよくて初めてノリがよくなるのです。

    一方的に欲求を満たす行為でノリノリになってというほうが無理ですから、はっきり伝えることは必要です。伝えるときは「もっとこうしてほしい」と自分の意思を伝えるチャンスだと、前向きにとらえてはいかがでしょうか。

    相手を逆に攻める


    拒絶した態度を見せたくない人は、攻守を交代するという方法があります。パートナーが「耳舐め」してきたら、すぐさま相手の敏感な部分を攻めてみましょう。そうすれば相手は耳舐めしたことで、彼女(彼)のスイッチが入ったと、いい方向で勘違いしてくれるかもしれません。

    ただし、この場合相手に毎回同じ展開を期待されるかもしれないというリスクもあります。そうなってしまうと1度は耳舐めされることになり、逆効果になる心配もありますので、雰囲気を読んで実践してみてくださいね。

    ゆっくり頭をふる


    「耳舐め」をさせないようにするためには、パートナーの口が耳に届かない位置を保ってみるというのも一つの方法です。急に頭を離すようすると、嫌がっていることがバレてしまいますので、”あくまで自然に位置を保つ”のがポイントです。

    それを避けたいなら、パートナーの正面を向くか、後頭部を見せて背中から抱いてもらうポジションをとりましょう。それでも耳舐めしたがったら、首を少しずらして逃げます。イタチごっこみたいですが、しばらくこれを続けてから「耳はダメ」と優しく伝えれば、相手も素直に受け入れてくれるでしょう。

    笑い出してしまう


    ある意味これが一番いい方法だとも思えます。パートナーは性的な意味で真剣に気持ちいいと感じてほしくて耳舐めしているわけですから、そんな中ゲラゲラと笑いだされてしまったら、する気がなくなるでしょう。

    笑うほどくすぐったいということも伝わり、拒絶したというネガティブな印象も与えません。その時だけエッチな雰囲気がなくなるかもしれませんが、深いキスをすればすぐに仲良しモードに戻ります。うまくいけば2人がもっと打ち解けられる、きっかけにできるかもしれませんよ。