「耳舐め」をする男性の心理|嫌なときの対処法&耳舐めテクを伝授!

  • 「耳舐め」をする際の注意点!

    「耳舐め」して攻めてみたいけど、攻め方がよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。そんな初心者の方に、やってはいけないことを紹介します。口臭などはすぐに思いつく点ですが、意識していないと、ついついおろそかになってしまうポイントもありますので、ぜひチェックしいてくださいね。

    いきなり耳を攻めない


    相手の体に触れるとき、最もいけないことは「いきなり的」な行為です。いきなりキスされて、びっくりしたけど気持ちよかったというのは、ドラマでしか起こらないと思ったほうがいいでしょう。

    まして「耳舐め」を突然されたら、驚くどころか不快に感じて、2人の今まで築いてきた関係が台無しなんてことにもなりかねません。耳舐めをするためには、ハグやキス、ソフトなボディータッチで、身も心も温まった後ですることをおすすめします。

    口臭ケアを欠かさない


    言わずもがなですが、お口のケアはとても大切です。男性は特に気をつかってほしいポイントですが、女性も気をつけたほうがよいでしょう。

    愛煙家の方やお酒が好きな方は自分では気がつかない場合もあります。恋人同士だからといった甘えは禁物ですよ。

    舐めすぎない


    格言ではありませんが「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。「耳舐め」がちょっと気持ちよく感じ始めていたのに、され過ぎたことで気持ち悪いと評価を下げてしまうこともあります。

    深追いしないのもポイントです。耳に息がかかる程度の耳舐めはOKでも、耳全体を咥えられるのはダメという人もいますので、激しくし過ぎないように注意しましょう。

    髪の毛を汚さない


    男性はあまりピンとこないことかもしれませんが、女性にとって髪の毛はとても大切なものです。行為が盛り上がってくると、ついつい髪の上から耳舐めしてしまいがちですが、髪の毛を気にしないで、耳舐めしようとするのはNG行為と考えましょう。

    髪が汚れることを嫌う女性の場合、一気に興奮が冷めてしまうこともあります。汗で汚れるのと一緒と男性は思うかもしれませんが、無意識に汚れてしまうのと、意識的に汚されるのは違うと考えておきましょう。