「耳舐め」をする男性の心理|嫌なときの対処法&耳舐めテクを伝授!

「耳舐め」は特殊なスキンシップ方法ではありませんが、苦手な人には苦痛でパートナーとの関係にも影響するほどです。でも耳舐めする人の心理や、断り方など知っていれば、苦手な人でも2人の関係をより親密にできるかも。意外と奥が深い耳舐めについて詳しく解説します。

  • そもそも「耳舐め」とは?

    「耳舐め」は文字通り耳を舐める行為ですが、実は肉体的にも精神的にも深い意味があることとをご存知でしょうか?耳は敏感な部位なので、「他人に舐められるなんて考えられない」と頭から拒絶している人もいるでしょう。

    しかし、耳舐めする人の心理を知ると、別の面が見えてくることもあります。耳舐めがきっかけとなり、2人の関係が良い方へ向かうかもしれませんよ。

    「耳舐め」とは


    「耳舐め」は性行為に至る前、いわゆる「前戯」で行われます。もちろん、耳舐めでパートナーを絶頂に導く、耳舐めする自分自身に酔いしれるなど、耳舐め自体を楽しんでいる人もいるでしょう。

    しかし、多くのカップルにとってはスキンシップの一環として、リラックスした雰囲気の中でキスと同じようにする行為が耳舐めです。メインディッシュというより前菜ですね。

    「耳舐め」は苦手と言う人も


    「耳舐め」すると、パートナーとの親密度が深まると考える人もいますが、それとは反対に耳を舐めれるのに抵抗がある人もいます。くすぐったいだけなので苦手という人だって、当たり前ですがたくさんいるでしょう。

    苦手なら「しないで」と頼めばいいのですが、そこがちょっと複雑です。例えば交際をし始めたばかりのカップルなら、相手を傷つけたくないと遠慮して言い出せないことも。逆にしたいのに、恥ずかしくてできないケースだって考えられます。

    「耳舐め」には意外な効果も


    耳舐めは「前戯」としての効果以上に、相手に対しての信頼や思いやりを感じる効果も期待できます。「この人にならされても嫌じゃない」と自分の相手への信頼度を知るきっかけにもなりますし、逆に嫌だと感じても「どうやったら傷つけずに思いを伝えられるだろう」と相手を思いやる気持ちを考えるきっかけともなります。

    そのように考えて行くと、耳舐めは単なる前戯ではなく、2人の関係に意外な効果があるといえるでしょう。

    「耳舐め」を知りパートナーとの関係を深めましょう


    ただ単に、快楽を得るためだけのエッチのテクニックと考えたのでは勿体ないです。これから耳舐めで得られる効果、相手を傷つけない断り方、耳の上手な攻め方などを詳しく解説させていただきます。

    その中で「耳舐めをする人もされる人も、相手への思いやりが必要」ということを知っていただけると思います。「耳舐め」が好きな人、そうでない人、興味はあるけどしたことがない人、そんな人たちが耳舐めを深く知ることで、パートナーとの関係が今よりもっと深まるきっかけになるでしょう。