「ワンナイトラブ」に誘う手口&方法とは?誘いにのる女性心理も解説

一夜だけなら…とワンナイトラブを経験したことがある人もいるでしょう。ワンナイトラブの誘いに乗った人には一人ひとりいろいろな理由があり、その経験を長い間ひきずってしまうケースもあります。ここでは体験談を交えながら、ワンナイトラブに至る心理や誘う手段などを紹介していきますので、参考にしてください。

  • そもそも「ワンナイトラブ」とは?

    「ワンナイトラブ」というワードを聞いたことがありますか?これは文字通り「一夜限りの愛」という意味で、恋人同士ではない2人が、その日の夜だけセックスをする関係を指しています。

    ワンナイトラブに至るまでのシチュエーションは、ちょっとした流れで…という場合もあれば、その日限りでいいから結ばれたいと前々から計画していたケースもあります。それではここから、ワンナイトラブについて、男女それぞれの考え方や体験談をチェックしてみましょう。

    「ワンナイトラブ」の意味


    「ワンナイトラブ」とは、一夜だけセックスをすることです。男性から誘うイメージがあるかもしれませんが、女性からアプローチするケースも少なくありません。双方が同意の上で一夜を共にするので、そこにはいろいろな駆け引きがあります。

    ただし、継続的な付き合いに発展しないことも多いので、ワンナイトラブの関係になった人を好きになってしまい、後悔したという声も聞かれます。

    反対に、予想通り恋愛感情が湧かなくて、その場のノリで済んで良かったと思う人も結構いるみたいですね。

    ワンナイトラブに女性から誘うのはアリ?


    女性からワンナイトラブを誘うのはアリなのでしょうか?自分からアプローチするのは勇気がいりますから、気になっている人もいるでしょう。ただ男性側はそれほど気にしている人は少なく、好意的に捉える人のほうが多いようです。

    積極的に自分への好意を表現してもらって悪い気はしないですし、少しでも気になっている女性からアプローチされたらとても嬉しいでしょう。ただし、恋人同士になりたいと思っているなら「軽い女だな…」と思われる可能性があるので注意が必要です。

    ワンナイトラブの経験


    一夜限り男女の関係になるワンナイトラブですが、経験がある人はどれくらいいるのでしょうか?あるアンケートでは、男性の約60%が、女性は約40%が「経験あり」だそう。ただし、調査によって結果にかなりばらつきがあるようです。

    ともあれ、男性側の比率が高いのは、男性からアプローチをかけるほうが多いことも影響しているのかもしれません。また、意外と女性も高い割合だな…と感じた人もいるのではないでしょうか?

    ワンナイトラブで終わらせる理由


    一夜限りの関係は、その後継続しないことが多いです。その理由は人によって違いますが、基本的に継続できない決定的な原因があります。たとえば女性側の意見として「その日だけ過ごすのは楽しかったけど、長く一緒にいることを考えると誠実さに欠ける」という声が聞かれました。

    また男性側の意見でも、一夜限りの関係になったことで「他の男性ともそういう経験があるのでは?」と感じ、その日だけで終わったという声があがっています。