人生負け組の特徴とは?「勝ち組」との違いや負け組脱出方法も紹介!

  • 人生負け組な人の職業とは?

    人生負け組な人の特徴を追ってきましたが、今度は人生負け組な人だと思われがちな職業について掘り下げていきましょう。負け組な人が選びがちな職業を参考に、自分の仕事について考えてみてください。

    無職


    人生負け組な人は、転職を繰り返し、仕事が長続きしない場合が多いです。無職である期間も長く、さらに「誰か養ってくれないかなあ」と能天気なことを考えていたりもするのです。体調不良や家庭の事情などで仕方なく無職なら分かりますが、至って健康なのに無職であると、社会的信用も得られないでしょう。

    人生負け組から勝ち組に変わりたい人は、無職である状態を深刻に受け止めたほうがいいかもしれません。

    ブラック企業の社員


    法の規制もあり、ブラック企業は減りつつあるものの、やはり今だに多く存在するのも事実です。転職を繰り返す度に条件が悪くなり、ついにブラック企業に入社してしまったという人も珍しくありません。

    一度ブラック企業に入社してしまうと、パワハラやセクハラが横行していてもなかなか辞めさせてもらえないことも多いです。重労働の割に安月給で、さらにストレスも大きい場合が多く、これでは「人生負け組だ」と感じてしまうのは無理もありません。

    不安定な職業


    「今はまだ売れてないけど、いつか売れっ子になる!」と言いながら30代や40代でも超低収入でいる人もおり、その多くはパートナーに養ってもらっていたりします。しかし、どんな世界でも成功するのはほんの一握りですから、ほとんどが「低収入のめぼしい経歴もない中年」として扱われてしまうのです。

    夢を追うために不安定な職業でやりくりするのは一見カッコよく見えますが、現実では「負け組」のレッテルを貼られてしまうのですね。

    フリーター


    無職よりはよほど良いものの、フリーターは相変わらず人生負け組のイメージが強い肩書きでもあります。社会的信用もありませんし、ローンを組むことも難しかったりしますね。バイトなら正社員よりも採用されやすいですが、契約を切られやすい立場でもあり、安定しているとは言えないでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)