人生負け組の特徴とは?「勝ち組」との違いや負け組脱出方法も紹介!

「人生負け組」「勝ち組」とよく言われますが、あなたはどちらのタイプでしょうか。今回は、人生負け組な人の特徴を分析し、人生負け組から脱出できる方法を探っていきます。人生負け組を脱出し、勝ち組になりたいと思っている人は、ぜひチェックしてみてください。

  • 人生の負け組には特徴がある?勝ち組との違いとは

    あなたは「人生勝ち組」と「人生負け組」のどちらだと思いますか。そう聞かれてはっきりと「勝ち組!」「負け組!」と言える人は少ないでしょう。そもそも「人生勝ち組」「人生負け組」とは、どんな基準で決まるのでしょうか。

    確かに周囲を見ていると、「いつも上手くいく人」と「いつも上手くいかない人」の2パターンに分かれていることが多いですね。いつも上手くいかずに「負け組」と呼ばれてしまう人には、どうやら共通する特徴があるようなのです。

    人生の負け組になる人の特徴と、人生の勝ち組になる人の特徴を比較しながら、負け組から抜け出す方法を探っていきましょう。

    人生負け組には特徴がある?


    「人生の負け組」というレッテルを貼られてしまうのは、かなりの屈辱感があります。みんなが勝ち組になりたいのは当然ですが、なぜ「負け組」と「勝ち組」に分かれてしまうのでしょうか。

    負け組だと言われがちな人を見ていると、やはり共通する特徴があるのです。この特徴を持ち続ける限り、人生の負け組からは抜け出せないと言っても過言ではありません。負け組の特徴で自分に当てはまるものはないか、今すぐチェックしておかなければ、取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

    「人生負け組」と「人生勝ち組」の違い


    「人生の負け組」と「人生の勝ち組」の違いを言ってくださいと言われて、すぐ答えられるでしょうか。「年収1,000万円!」「金持ちと結婚してセレブ生活!」「美人やハンサムと結婚する!」などなど、確かにすべて魅力的ですが、どれが正解なのかは誰も分かりません。

    要するに「人生の負け組」と「人生の勝ち組」の違いは曖昧なのです。年収1,000万円でも周囲の年収が1億円だったら、それは勝ち組とは言い切れません。イケメンと結婚しても、結婚生活が幸せであるとは限らないのです。

    負け組と勝ち組は、周囲と自分を比較して「自分の方が恵まれている」「自分の方が優れている」と感じる時に決まることが多いのでしょう。
  • 人生負け組な人の特徴《性格編1》

    それでは、早速「人生の負け組」にありがちな特徴を紹介していきましょう。あなた自身、いくつ当てはまるでしょうか。当てはまる特徴がたくさんあるほど、負け組になる可能性がありますので、自分と向き合うためにもチェックしてみてください。

    向上心があまりない


    あなたは、自分の人生を変えたいと思っていますか?そもそも、自分の人生をより良くしたいと思っているのでしょうか。

    自分の人生をより良くしたいという気持ちが最初からないのであれば、人生負け組から脱出することはできません。「なりたい自分」というものを、今一度考えてみるようにしましょう。

    ネガティブ思考


    「どうせ私にはできない」「失敗したら恥ずかしい」「私はミスが多いから簡単な仕事ばかりで良い」と思っていませんか。「言霊(ことだま)」というものがあるように、ネガティブな言葉や思考は、状況をさらに悪化させてしまう恐れがあります。

    何か困難にぶつかってしまった時「どうせ私には何もできない」と諦めてしまう人と、「上手くいかないかもしれないが、努力してみよう」と考える人がいた場合、どちらが人生の可能性を見いだせるのかは一目瞭然ですね。ネガティブ思考は人生を負け組へ導いてしまうと肝に銘じておきましょう。

    自己主張しない


    合コンに言った時、気に入った異性がいた場合、声をかけるようにしていますか。自分の仕事でもないのに嫌な役割を押し付けられた時、断る勇気を持ち合わせているでしょうか。自己主張を一切しない人は、チャンスをものにできませんし、周囲に都合よく利用されてしまうことが多いです。

    自分の思っていることを全部言うのは勇気が要ります。全部ではなく、重要なポイントだけでも主張するようにしましょう。

    何事も継続することができない


    「ダイエットしようと思ってスポーツジムに入会したけど結局あまり行かずに退会した」「周囲に触発され、資格試験を目指してスクールに通ったが途中でやる気がなくなった」「毎月3万円を貯金しようと思ってたけど、何かと入り用で使ってしまう」などと言っていませんか。

    一度やると決めたことをしっかりやり遂げる人は、何事にも一生懸命取り組めるので、自分の目標を達成しやすいです。一方、何事も継続することができないタイプの人は、目標を立てても途中でやめてしまうことが多く、負け組から脱出することに苦戦しがちです。

    柔軟性がない


    負け組の人は、変化を嫌う人が多いです。現状に不満を抱いていても、新たなる挑戦をすることは嫌なのですね。

    新しいことに挑戦したり、やったことのない仕事を任されたりする時は、不安や緊張感に押しつぶされたりすることもあるでしょう。一方、変化のない毎日は安定していて、緊張や失敗することはほぼありません。

    しかし、失敗を恐れていては、残念ながら人生に変化もたらすことは少ないと言えるでしょう。人生を変えたいのなら、失敗を怖がらずに何事にも挑戦してみましょう。自分の思っている以上に能力を発揮できるかもしれません。