本当に気持ちいいフェラはコレ!男性を虜にするテクニック【保存版】

  • 気持ちいいフェラのための注意点!《女性編》

    気持ちいいフェラをするためには、女性の方も気を付けるべき注意点があります。きちんと気を付けることによって、男性がさらに気持ちいいと感じるフェラを習得できるでしょう。

    ここでは、気持ちいいフェラをするために女性が気を付けておきたい注意点を説明します。

    歯を当てないよう気を付ける


    気持ちいいフェラの最低条件が歯を立てないことです。ペニスはとても敏感で、歯を立てられると男性は強い痛みを感じます。

    フェラに慣れていない女性に多いですが、咥えたり、吸い上げたり、口をすぼめたりする際に歯が当たりやすいです。しかも、上下のピストン運動が加わっていたりすると無意識のうちに力が入っていることがあります。

    歯が当たると、男性側は悶絶ものの痛さを味わうこともあるでしょう。そうなると、フェラどころかセックスに対して萎えてしまうこともあります。

    フェラに慣れていない女性は、咥えるよりも舐めることを中心におこなうことが重要です。咥えるときは歯を意識した動きを心がけましょう。

    触るときはソフトタッチで


    フェラは口だけの刺激でなく、手を使用することで格段に気持ちいいフェラになります。亀頭を口に含んで舐め回しながら、竿の部分を上下に動かすのも効果的です。

    ただ、この時に気を付けなけれならないのが触り方の強さです。ペニスは敏感な部分であり、力を込めて握ってしまうと感じるのは痛みだけです。

    また、ペニスを咥える際には、根本を固定するように持った方が咥えやすくなります。このときに気を付けたいのが、ペニスの反り方です。

    ペニスの反り方には個人差があります。咥えやすくするために力を込めて逆方向にペニスを反らせると、男性は痛みしか感じないでしょう。固定するときは添えるだけのソフトタッチがおすすめです。

    ゆっくりねっとりを心がける


    気持ちいいフェラに必要な条件のひとつに、「ゆっくりねっとりとした動き」があげられます。この動きこそが男性の気持ちいいツボを押さえることを覚えておきましょう。

    フェラに慣れていない女性に多いのが、「速くてあっさりとした動き」のフェラです。このフェラは、刺激に緩急がなく、機械的な印象を受けます。男性は刺激を感じても気持ちいいフェラとは感じないでしょう。

    気持ちいいフェラとは、ゆっくりとした動きで刺激に緩急をつけ、ねっとりとした舌遣いで相手のツボを的確に刺激することです。これを習得するには経験が必要となります。

    とはいえ、ゆっくりとした動きを意識することは、フェラに慣れていない女性でもできます。ぜひ、試してみましょう。

    ガサガサ唇は痛い


    唇の保湿も気持ちいいフェラには必要不可欠な条件です。フェラでは、舌や口内だけでなく、唇も使用します。

    亀頭にキスをしたり、唇をすぼめて刺激したりと唇での愛撫は、気持ちいいフェラのために取り入れたいテクニックです。しかし、唇がガサガサだと男性は快感の前に痛みを感じるでしょう。

    それを防ぐためにも唇の保湿は必要不可欠です。また、普通にキスをする際にも、ガサガサの唇は男性を萎えさえます。日ごろから、唇のケアを徹底しましょう。