女の子同士でキスする心理&理由|恋愛に発展した時の注意点も紹介!

  • 女の子同士のキスから恋愛に?付き合う注意点とは

    ではここで、女の子同士のキスの、深い心理にも迫ってみましょう。最初は恋愛感情は無かった、または最初から好きだったなど、いろいろな心理があると思います。きっかけはどうあれ、最終的に女の子同士のキスから恋愛感情へと発展した場合、どんなことに注意すればいいのでしょうか。同じ状況にいるという方は、ぜひ参考にして見てください。

    信頼している人だけに付き合いを報告する


    今の時代、恋愛は異性同士でするものという既成概念はほとんどなくなったといっても過言ではありません。ですから相手が女性でも、恋愛してはいけないなんてことはありません。ですが、注意点をあえていうなら、付き合い初めの段階では、信頼している人にだけふたりの関係を明かすことをおすすめします。

    きっとこの先、交際を続ける中で、周りの声を邪魔に感じることもあるでしょう。あまりオープンにしてしまうと、二人の関係が長続きしないことに繋がる危険性もあります。ですから、付き合い初めの段階では、一部の信頼する人に報告するに留めることが賢明です。

    急によそよそしくすると不自然に


    女の子同士のキスから恋愛の関係に発展した場合、急によそよそしく振る舞うと、逆に不自然になってしまいます。これまで仲の良かった友達同士ならなおさらです。付き合っていることを隠そうとして、皆の前で一緒に居ることを避けたり、会話しないようにするのは止めましょう。

    「ケンカでもしたの?」と思われているだけなら構いません。ですが、もしもそんな二人が、街中で仲良さそうに歩いているところを見かけられたら、周りの人は不自然に思うでしょう。お互い避けるのではなく、これまでどおり仲良く振る舞うことをおすすめします。

    男性相手に嫉妬しない


    女性同士の恋愛が初めてだと、恋愛対象が女性だけなのか、もしくは男性も含まれるのか、はっきりしないケースもあると思います。彼女の恋愛傾向がよくわからない場合は、男性全般が嫉妬の対象になることもあるでしょう。もしも彼女が男性と仲良さそうにしていたら、もちろん嫉妬してしまうこともあるはずです。そんなとき、「心配する必要はない」とは言い切れませんが、せめて彼女のことを信頼してあげましょう。

    これは男女の恋愛関係でも同じことです。相手を信頼することが、交際を長続きさせるための秘訣です。嫉妬の心は何も生みません。マイナーな恋愛の形かもしれませんが、疑いの気持ちは持たず、相手を信じてあげましょう。

    秘密にし過ぎない


    急によそよそしくしないということに通じることですが、秘密にしすぎることもまた、あまり良い結果にならないでしょう。信頼できる人にだけ報告するということは、他の人には秘密にしておくということです。ですが、あまりそのことに過敏になり過ぎると、嘘をつかなければいけない場面も出てきますよね。

    付き合っていくにあたって嘘があると、やがて二人の間に悪い影響を及ぼします。たとえその嘘は周りの人についた嘘でも、二人の間でつじつまが合わなくなってしまうのです。ですから、秘密にするのは「付き合っている」という事実一点に絞りましょう。

    必要以上に男性を避けない


    どうして女性を好きになったのかによりますが、できれば必要以上に男性を避けないことをおすすめします。どうしても嫌悪感を抱いてしまうなら、これまでしてきたように、男性とは適度に距離を取って関わり続けるのがいいかもしれませんね。

    ですが、もしもこれまでは普通に男性とも接していたのであれば、女性と付き合ったからという理由で男性を避けない方がいいでしょう。急に男性を避けると、これまで仲がよかった男友達に疑問を持たれますし、勝手な憶測を呼ぶことに繋がります。相手の女性の目も気になるでしょうが、彼女に理解してもらって、これまでどおり男性と接するのが得策でしょう。

    人前でのスキンシップは自然に


    好きな相手ですから、スキンシップが頻繁になってしまう可能性もありますよね。相手も同じようにスキンシップを求めているはずです。となると、知らず知らずのうちにそのスキンシップが濃厚になってしまうことも考えられます。

    周りは仲の良い友達同士と見ていても、あまり濃厚なスキンシップを目撃したら、疑問が湧いてしまうでしょう。ですから、人前でのスキンシップは、できるだけ自然になるように心がけましょう。