告白の言葉で運命が決まる!男女別・成功間違いなしのセリフ集

  • 女性が憧れる「ロマンティックな」告白の言葉

    多くの女性が、ロマンティックな告白を夢見ています。ロマンティックさを演出するためには、それ相応のシチュエーションなども必要ですが、事前に準備しておいてほしいのは、やはりロマンティックな言葉です。

    告白は一度で成功するとは限りません。告白を機に意中の彼女に自分を意識してもらうつもりで、言葉選びをしてみてくださいね。

    「初めて会った時に一目ぼれしました」


    男性との運命的な出会いを求めている女性は多いもの。「初めて会った時に一目ぼれしました」というセリフは、運命の相手を思い起こさせることに繋がるでしょう。

    よく「運命の相手と出会った瞬間に電流が走る」という表現をすることがありますが、相手のことを何も知らないのに好きになってしまうというところにロマンがありますよね。

    愛されたいと願う女性も多いため、「私の知らない間に好きでいてくれたんだ…」と嬉しく感じてもらえるはずですよ。

    「こんなに好きになったのは君がはじめて」


    告白する側の男性がモテるタイプであればあるほど、「こんなに好きになったのは君がはじめてだよ」という告白は、絶大なパワーを発揮します。

    「君がはじめて」ということは、歴代の元彼女に比べて1番だと言われていると感じますよね。女性は、付き合ったらきっと大切にしてもらえるだろうと想像するでしょう。それまで恋愛対象ではなかったとしても、このロマンチックな告白によって恋愛対象と認識してもらえるかもしれません。

    「言葉では表しきれないほど好きだよ」


    「言葉で表しきれない」というのは、それだけでも非常にロマンチックな言葉です。どんなに信じあっている友人や家族が言葉を尽くして気持ちを語ってくれても、他人である以上、1ミリも違わず正確に相手の心情を理解することは出来ないものです。ですから、「言葉にできない」という言い回しは、その言葉を発した人物の誠実さを示しているとも言えます。

    告白は言葉によってなされるものですが、その場面であえて「言葉に出来ない」という表現を用いることで、誠実で最高にロマンチックな告白になるのです。

    「君を幸せにする」


    「君を幸せにする」は、女性が言われたい言葉の一つです。現実の交際では男女は対等で、男性が強いとか女性が弱いとかいうことはありませんが、童話に出てくるお姫様のように「王子様と出会ってずっと幸せに暮らす」というロマンチックさに憧れる女性もいるのです。

    このセリフには、彼女の幸せを願う気持ちと、そこに責任を持ちたいという気持ちが表れていて、女性にとって心強い一言となります。自分に自信をもって、伝えてみてくださいね。

    「君の事を守らせてほしい」


    「君の事を守らせてほしい」という言葉は、騎士のようなセリフですよね。女性は、自分を守ってくれる騎士にときめいてしまいます。現代社会では実際に力自慢をすることはほぼありませんが、この言葉によって、女性は守ってもらえるという安心感を得ることが出来るのです。

    ポイントは、言い方です。上から目線で「守ってやる」と言うのではなく、彼女の幸せを「守らせてほしい」と下からいうことで、この言葉を受け入れてもらいやすくなるでしょう。

    「他の誰にも渡したくない」


    「他の誰にも渡したくない」と言われると、多くの女性は高揚感を覚えます。それは「あなたには魅力があるからモテると思うけれど、本音を言うと他の誰にも渡したくない」という男性の気持ちを想像させる言葉だからです。

    想像力は、ロマンチックさを強く引き立ててくれます。「他の誰か」という言葉を使うことで、彼女の価値を理解していると伝えることにも繋がるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)