告白の言葉で運命が決まる!男女別・成功間違いなしのセリフ集

  • 男女どちらも憧れる「シンプルな」告白の言葉

    具体的には、どのような基準で言葉選びをすれば良いのでしょうか。実は多くの男女が「シンプルな告白の言葉」を求めているのです。

    告白する理由は、多くの場合、付き合いたいという願望を相手に受け入れてもらうことに他ならないでしょう。そのため気持ちが溢れてしまいそうでも、まずは告白の目的を理解してもらうことが大切です。

    告白の前後にダラダラと言葉を続けてしまうと目的がボヤけてしまい、相手も反応に困ってしまいます。出来るだけ素直に、シンプルに気持ちを伝えられるセリフを集めました。

    「ずっと好きでした」


    相手を想っていた長い時間を一言で言い表すなら、「ずっと好きでした」と伝えてみてはいかがでしょうか。「好き」という気持ちを言葉で表すことは非常に大切です。言葉には「言霊(ことだま)」があり、大きな力が秘められていると言われているからです。

    「好き」と伝えた相手に、素直な言葉が届くことは間違いありません。どんな結果になるとしても、誰かから潔く気持ちを伝えられたら憎からず想ってしまうものですよ。長い時間で積もった想いを、シンプルに伝える一言となるでしょう。

    「彼氏/彼女になってください」


    「彼氏/彼女になってください」は、謙虚な姿勢が感じられて好感度が高いセリフです。また、目的が明確で良いですね。既に友達としての関係を築いている相手に、今後どうなりたいかを示すにはピッタリの言葉です。

    2人の関係を今後どうしたいか説明しようとすると、どうしても理屈っぽくなってしまい、告白の雰囲気がなくなってしまう…。そのように考えている人は、このセリフを選んでみてください。

    「あなたを大切にしたい」


    相手にどうしてほしいかではなく、自分がどうしたいかを伝えるシンプルなセリフとして、「あなたを大切にしたい」という言葉も素敵です。

    告白の言葉というのは、時に「自分の期待に応えて欲しい」という気持ちが透けてしまい、相手を白けさせてしまうものです。恋する相手になにかを要求するのではなく、自分が何をしてあげたいかを伝えることによって、想いの深さを理解してもらうことが出来るのです。

    「これからも一緒にいたい」


    学生でも社会人でも、告白に失敗してしまった場合は、好きな相手と一緒に過ごすことが困難になります。「これからも一緒にいたい」という言葉には、大好きな人と堂々と一緒にいたい気持ちが込められていますよね。そのため、「好き」とか「付き合う」といった直接的な表現が無くても、告白のセリフとして有効なのです。

    また、「一緒にいたい」という言葉には温かさがあります。この温かさで、相手に伝わるあなたの印象も良いものとなるでしょう。

    「付き合ってください」


    ごちゃごちゃ言われるよりも、潔く「付き合ってください」と告白されたい!という意見は、老若男女問わず多く聞かれます。漫画やドラマで、誰もが1度は耳にしたことのあるセリフでしょう。王道のセリフゆえに、このセリフで告白されると気分があがってしまう人が多いのです。

    また「~ください」と敬語を使うことで、腰の低い印象を与えることが出来るのもポイントです。告白したくてもどうしたらいいか分からないなら、ストレートに「付き合ってください」と言ってみてはいかがでしょう。

    「自分だけを見ていて欲しい」


    少しの独占欲は、恋愛のスパイスとなり得ます。好きな相手に一人占めされたい!という願いを持った男女もいるのです。告白の際、言葉でキュンとさせたいなら「自分だけを見ていて欲しい」と伝えてみてはいかがでしょうか。

    誠実さの中に、他の人に取られたくないという気持ちが感じられて、恋する気持ちを盛り上げてくる一言となるはずです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)