好きな人を諦めるタイミングと方法とは?後悔しないための恋の諦め方

  • 好きな人を諦めたエピソード集【男女の経験談】

    最後に、好きな人を諦めたエピソードを紹介していきます。好きな人を諦めた時、他の人はどうしたのだろうと気になる人も多いでしょう。

    どのようにして好きな人を諦めればいいの悩んでいる人は、体験談を参考にして諦めるタイミングや諦め方を見つけてみてくださいね。

    いい雰囲気になった女性に彼氏がいた


    「LINEとかも毎日していた片思いの女の子に彼氏がいるとSNSを見て気づいた。期待していた分信じられなかったけれど、彼氏がいる以上は無理だと思って泣く泣く諦めた」(31歳/男性/医療関係)

    恋人の存在が発覚すると、越えられない壁を自覚して好きな人を諦めようとする人は珍しくありません。自分は脈アリだと感じていたのに、相手にはただの友達だと思われていた、という現実は非常に辛いものです。

    好きな人が恋人と上手く行っていない状態ならば振り向かせられる場合もありますが、可能性は低いと言えます。早々に諦めたほうがいいでしょう。

    片思いしてた相手に彼女ができた


    「学生時代、片思いをしていた先輩がいて、毎日アタックしていた。でもそんな先輩にある日突然彼女ができて、あっけなく失恋した」(26歳/女性/看護師)

    積極的に好きな人へとアタックしていても、途中で恋人を作られてしまうことも少なくありません。完全フリーな状態で片思いをしていた以上、途中で恋人ができてしまう展開は非常に辛く、悲しいことでしょう。

    アピール途中で相手に恋人ができた場合、付き合いたてはラブラブなため、別れを期待するのも難しくなります。片思いを続ければ、好きな人が恋人といちゃつく場面ばかりが目につくことに。諦めたくなくても諦めなくてはいけない状況に追い込まれてしまいます。

    玉砕覚悟で告白して振られた


    「1年くらい片思いしていた相手がいて、頑張ってアタックしたけど脈アリになる気配は一切なくて。諦めるために告白した結果やっぱり振られたけど、気持ちはすっきりした」(31歳/女性/会社員)

    好きな人を諦めるために告白する方法を紹介しました。いくらアタックしても脈ナシだった場合、気持ちにけじめを付けるために玉砕覚悟で告白をすれば、案外気持ちはすっきりするものです。

    ショックという気持ちよりも、終わった、良かったという気持ちを強く抱く人も少なくありません。もう駄目だと思った片思いほど、告白でピリオドを打つほうが良いケースも。

    好きな人の理想が高すぎた


    「好きな人にタイプを聞いたらあまりにも理想が高すぎて、自分じゃ無理だと現実を知った」(24歳/男性/飲食店勤務)

    好きな人の理想と自分があまりにも違いすぎれば、嫌でも現実が見えてしまうものです。どんなに努力しても届かないと思ったならば、早めに片思いを諦める方向に足を進めたほうが傷が浅く済む場合もあります。