好きな人を諦めるタイミングと方法とは?後悔しないための恋の諦め方

  • 諦めるべきかも…好きな人の「脈ナシ」サイン

    好きな人を諦めるタイミングを決めるときに参考にしたいのが、好きな人からの脈ナシサインです。脈ナシサインを見かけることが多いならば、恋愛成就の可能性は低いと考えられます。

    諦めるべきタイミングに悩んでいる人は、以下の脈ナシサインをもらっていないかどうか、自分のケースと照らし合わせてみましょう。

    相手からは連絡してこない


    自分ばかりが好きな人に連絡している場合、諦めることも視野にいれたほうが良いでしょう。特に好きな人から連絡が全くこない場合は、脈ナシの可能性大だと言えます。

    たとえ好きな人との連絡が続いていたとしても、いつも自分から始めているならば、相手はやり取りに付き合ってくれているだけかもしれません。

    特に好きな人がLINEやメールが好きな相手ならば、来る者拒まずの考えを持っていることも少なくありません。

    二人になるのを避けられる


    こちらが好きな人と二人きりになろうと頑張っているのに、相手が二人になるのを避けたがる場合は、おそらく脈ナシでしょう。ほとんどの場合、少しでも気になる相手ならば二人でいたいと思うもの。それを避けるということは、恋愛対象として見られていない可能性が高いと言えるのです。

    二人でいることを避けられるのは、片思いにおいて致命的なことがほとんど。苦手だと思われている可能性や、すでに好意を悟られ期待させたくないと気遣われている可能性が考えられます。

    デートに誘っても断られる


    好きな人と距離を縮めるためにデートに誘う人は珍しくありません。デートを重ねることでお互いのことを知り、恋愛成就へと繋がっていきます。

    しかし、何度デートに誘って断られるならば、恋愛対象としてまったく見られていない可能性大。大半の人は、ある程度仲が良く、恋愛対象として見られる人としかデートしないものです。

    とはいえ、距離が縮まっていない段階で焦ってデートに誘ってしまったせいで断れている可能性も、なくはないでしょう。ある程度アタックをしてデートを断られるならば脈ナシだと言えますが、最近親しくなったばかりの段階ならばチャンスはまだあるはずです。現在の距離感を考え直してからデートを再度誘ってみましょう。

    自分と違う子をタイプだと言ってきた


    片思いを諦めたほうがいいタイミングには、好きな人から直接自分とは違う子をタイプだと言われた時です。遠回しに「あなたの気持ちには応えられない」と言われている可能性が高く、実質的に振られた状態とも言えます。

    好きな人が、あなたとは正反対のタイプや高すぎる理想を伝えてきた場合は、その可能性が高くなります。自分のことを諦めさせるために、あえてあなたではたどりつけなさそうなタイプを口に出している可能性があります。