好きな人を諦めるタイミングと方法とは?後悔しないための恋の諦め方

  • 好きな人を諦めるべきタイミングとは?

    早速、好きな人を諦めるべきタイミングについて注目していきましょう。

    好きな人を諦めるべきタイミングは、好きな人との関係や、自分が置かれている状況などによってそれぞれ異なります。それでも、ある一定のルールを決めておけば、諦めるべきタイミングを見極めやすくなるでしょう。

    具体的にどんな状況になったら諦めることを意識するのか、おすすめのタイミングをまとめてみました。

    好きな人に片思いしている相手がいた時


    好きな人に片思いをしている相手がいると知った時、その恋を諦めることを意識するのも良いでしょう。好きな人の片思いが確実に成就するわけではないものの、片思いの相手がいる以上、自分のことは見てもらえません。

    それでも絶対に振り向かせたいと考えるならば、好きな人に猛烈アタックして努力してみるのも良いでしょう。しかし、そうではない場合は諦めて、別の恋愛を探し求めたほうが幸せになれる確率は高くなります。

    好きな人に恋人ができた時


    確実に諦めたほうが良いタイミングも存在します。好きな人に恋人ができた時、または好きな人にすでに恋人がいた時です。相手に彼女がいるなら、ほとんどの確率で好きな人への片思いは叶いません。

    恋人がいる人へ片思いをすることは決して悪いことではないでしょう。しかし、好きな人の彼女にとってはあなたは不安要素になります。それを好きな人が知れば、あなたのことを疎ましく思う可能性も否定できません。

    すでに特別な関係が築かれている中に踏み込むのは、高確率で嫌がられます。いくら純粋な気持ちで恋をしてアピールしても、「恋人がいる人に普通はアピールしないのに、どういう神経?」などと思われる恐れもあるでしょう。トラブルを起こさないためにも、早目に諦めたほうが良い例だと言えます。

    アタックしても反応が薄い時


    片思いをすれば、振り向かせるために好きな人へアタックするものです。アタックをして、距離を縮めて興味を持ってもらって…そうして恋愛成就は果たされていきます。

    たとえ最初は興味がない相手でも、ある程度恋愛対象になりうる存在ならば、アタックされ続けることで多少の興味は出てきます。徐々に反応も良くなり、確実に距離は縮まり、最終的に両思いになっていくのです。

    しかし、いくらアタックしても反応が薄く手応えがない場合は、そろそろ諦めるタイミングだと考えていきましょう。それだけ頑張っても手応えがないということは、好きな人に完全に恋愛対象外だと思われている可能性大。ストライクゾーン外であるため、恋愛成就の可能性は著しく低いと言えます。

    好きな人のタイプとかけ離れている時


    好きな人にアタックしていく中で、好きな人の好みのタイプを知ることもあるでしょう。好みのタイプを知れれば、自分なりに努力することができます。少しでも好みのタイプに近づけられれば、それだけ恋愛成就の可能性は高くなっていくのです。

    しかし、あまりにも好きな人のタイプと自分が違った場合は、諦めることも考えていきましょう。タイプが違うのにアタックをしても、好きな人から興味を持ってもらえる可能性は残念ながら高くありません。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)