「乳首が立つ=感じてる」は間違い!?女性の本音を徹底リサーチ

  • 感じているとは限らない?女性の乳首が立つ理由

    立っている乳首をまじまじと見る機会といえばセックスのときが多いからか、「感じているから乳首が立つ」というイメージを持つ人も少なくありません。

    もちろん、性的な刺激や快感、興奮によって立つことはあります。しかし、乳首が立っているからといって性的な快感を感じていると誤解してはいけません。気持ち良いわけじゃないときでも乳首が立つことがあるんです。

    では、一体どんなシチュエーションで乳首が立ってしまうのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

    感じているから


    「乳首が立つシチュエーションはどんなときですか?」と聞けば、男女問わず多くの人がセックス中だと答えるでしょう。セックスにおいて乳首を刺激されると、気持ちが良くて乳首が立ってしまうものです。

    女性の乳首が立っているのを見て、「自分の愛撫で女性が気持ち良くなっているんだ」と認識する男性もいるそうです。

    寒いから


    寒いときに女性の乳首が立つケースもあります。特に気温差を感じたときに立ちやすく、暖かい場所から寒い場所へ移動したときに立つことが多くなるんだとか。

    まるで鳥肌みたいだと思いませんか?スウェーデンでの研究によると、乳首が立つのは鳥肌と同じ原理で起こっているんだそうです。同研究チームは、乳首が立つのと交感神経系には強い関連性があり、乳首の勃起は無意識のうちに起こる現象だといいます。

    寒いときに乳首が立つかどうかには個人差がありますが、神経系によるものなので仕方ない現象ともいえます。温泉などの温度差が激しいシチュエーションですぐに乳首が立っても恥ずかしがる必要はないんですよ。

    単純に刺激で立つだけ


    性的な快感を感じなくても、物理的な刺激によって乳首が立つのも不思議なことではありません。

    例えば、洋服が擦れる刺激で性的な快感を感じる女性はあまりいませんが、これによって乳首が立つ人は少なくないのです。さらに、洋服の擦れで乳首が立つ女性の中には、常に乳首が立っていることになり、乳首に痛みを感じる人もいるようです。

    生理前だから


    生理前は、体や体調に変化があらわれやすくなります。これはホルモンバランスが乱れることによるものなので、多くの女性が経験する辛い悩みです。

    そんな生理前の体の変化の1つに、胸や乳首の変化があります。胸全体が張ったり大きくなる人もいれば、乳首だけが硬くなって痛みを伴う人もいるんです。

    この時期は、刺激や寒さを特に敏感に感じる時期でもあるので、ますます乳首は立ちやすくなるといえます。