男性が「抱きたくなる女性」の特徴!抱きたくない女性との違いも解説

  • 男性が抱きたくなる女性になる方法とは?

    意中の男性に「抱きたくなる」と思わせたいなら、そういった女性に近づく必要があるでしょう。抱きたくなる女性になるために、以下の方法を試してみましょう。以下のような特徴を持つ女性になれば、男性に抱きたいと思わせることができるかもしれませんよ。

    女性らしさを意識する


    恥じらいや品性といった、男性が考える「女性らしさ」を大切にすることは、魅力へと繋がります。また身なりや振る舞いなど、女性を強く認識させる引き出しを多くするようにしましょう。女性らしいファッションや笑い方など、意識するポイントは多いです。

    なにをもって「女性らしい」とするかは人それぞれですが、モテを狙うのであれば、男性の前では彼らが望むような「女性らしい」態度や仕草を見せたほうが良いでしょう。異性を感じさせる引き出しが多いほど、男性に抱きたいと思わせることができます。

    サバサバした性格の女性でも、女性らしさを感じさせる場面は訪れます。自分には無理と決めつけず、家庭的な面をアピールするだけでも効果的ですよ。

    男性に隙や弱さを見せる


    誰かに隙や弱さを見せるのは恥と考えている人もいるかもしれません。しかし、男性に抱きたいと思わせたいなら、あえて隙や弱さを見せる方が効果的です。そうしたか弱い姿を見て、抱きたくなる男性は多いです。

    男性の庇護欲や内に秘めた性欲を表面化させるには、弱さを見せるのが有効でしょう。特に不意に見せる弱い姿の方が、男性はギャップを感じて抱きたくなる衝動にかられます。また隙を見せることで、男性が入り込みやすくなるため、進展も早いです。

    隙がない女性は男性が近づきにくさを感じるため、なかなか関係が前に進みません。恋愛にまで発展させたいなら、こうした隙や弱さを見せて男性が抱きたくなるよう仕向けてみましょう。

    抱きたくなるような甘え上手になる


    男性に適度に甘えるのも、恋愛では有利になります。特に何でもお願いする甘え方よりも、さりげなさを感じさせる甘え方の方が有効です。何でもかんでもお願いするのは、甘えているというより、他力本願に映ります。

    甘えるべきところは甘え、そうでないところは自分で行う。そうした区別ができる人ほど、本当の甘え上手といえるでしょう。何でもかんでも甘えるだけの女性は、単に男性を利用しているだけに感じられ、場合によっては嫌われてしまいます。

    男性に好かれ、抱きたいと思わせるには、特別だと感じさせる甘え方が有効です。誰にでも甘えるのではなく、抱きたいと思わせたい男性にのみ甘えてみましょう。

    さりげないボディタッチを覚える


    ボディタッチは、男性に自分を異性として感じさせることができます。特にさりげないボディタッチほど、抱きたくなる欲求が強くなり、より男性に自分を意識させることもできるでしょう。あからさまなボディタッチは、馴れ馴れしさを感じさせるので、人によっては嫌がられます。

    そのため必要以上に触ることは避け、ここだと思うポイントでボディタッチするようにしましょう。例えば、洋服や髪についているゴミを取ってあげたり、軽く服を引っ張るなど控えめなもので良いのです。

    相手の体をべたべたと触ったり、大げさに体を寄せることは逆効果になりやすいです。恥じらい、品性などを感じさせる控えめなボディタッチを繰り出したほうが、抱きたくなる女性として映りますよ。

    清潔感や品性を意識する


    不潔な感じがする人には、誰だって近づきたくないものです。また下品な印象が強いと、関わりたくないと思わせてしまいます。男性が近づきたくなるような、抱きたくなるような印象を作るためにも、清潔感や品性を大切にしましょう。

    身なりを清潔にすることはもちろんですが、言葉遣いにも気を配ることが大切です。品性は、普段の言動からにじみ出るものです。そのため普段の言葉遣いが悪いと、男性には下品な女性として見られてしまうため危険です。

    きちんとお風呂に入る、洋服のシワをなくす、メイクが派手になりすぎないよう意識するなど、身なりも大事ですが、それだけでなく言動にも注意しましょう。抱きたくなる女性は、誰からも好印象に映る人が多いです。

    居心地の良い雰囲気づくりをする


    男性が心地よく過ごせる相手になることも、抱きたい女性になるためには大事な要素です。居心地が悪いと感じる空間からは、誰だって逃げたくなりますよね。ずっと一緒にいたいと思わせる雰囲気づくりは、できた方が得です。

    居心地が良いと感じられれば、人はずっとそこにいたいと思いますよね。「また会いたい」「一緒にいたい」と強く願うでしょう。そうした雰囲気や空間づくりができると、男性はまた次も抱きたいと思うようになります。

    特に恋愛では、心地よい雰囲気を醸しだせる女性ほど彼女候補として見られるので、自分の気分や機嫌を押し付けないよう気をつけながら過ごしましょう。