男性が「抱きたくなる女性」の特徴!抱きたくない女性との違いも解説

  • 男性が抱きたくなる女性の特徴《仕草編》

    男性が抱きたくなる女性の特徴はまだ他にもあります。今度は仕草に焦点を当て、どんな女性が抱きたいと思わせることができるのかをチェックしていきましょう。あなたには以下の特徴が当てはまるでしょうか?

    時々甘えた声で話す


    甘え上手まで行かなくても、時々甘えたように声を出すことはとても有効です。甘えたような声は、男性にドキドキとした緊張感を与え、異性として強く認識させることができます。特に甘えていなくても、声だけで魅了することもできるでしょう。

    またそれが毎日ではなく、「たまに」「時々」といったタイミングで起こるからこそ、相手に訴える力が強くなります。毎日甘えた声で話されていたら、それが普通と判断され、抱きたいとは思えないでしょう。

    甘えた声は、人によっては不快に感じる要因になります。そのため毎日聞かせるのではなく、時々といったタイミングの方が、より効果的に異性を感じさせるのです。

    恥ずかしがる姿がかわいい


    女性が恥ずかしがっている姿は、男性にはかわいいものとして映りやすいです。特に自分が恥ずかしめているという状況では、男性は強く女性を抱きたくなる衝動にかられます。その姿を自分だけが見ているという状況の方が興奮しやすいのです。

    特に女性が自分の好みだと、恥ずかしがる姿をよりかわいいと感じます。それにより欲が刺激され、抱きたくなるため、意中の男性の前では素直に恥ずかしがる方が有利といえるでしょう。

    変に誤魔化したり茶化したりせず、恥ずかしがる姿を見せてみましょう。そうしたありのままの姿は、男性に訴えるものが強く、抱きたくなる欲を刺激することができますよ。

    ギャップがある


    仕事やプライベートなど、オンとオフがしっかりと切り替わったり、思わぬギャップがある人は魅力的に映ります。特にそのギャップが思わぬ拍子に現れたものであればあるほど、相手の心を掴んで離さない強い魅力があります。

    思わぬギャップは、何気ないものでもその人への興味へと繋がります。普段となんの変わりもない女性よりも、思わぬギャップがある女性の方が、男性は興味をそそられやすいでしょう。魅力の引き出しが多い方が、より男性を引き込ませることができます。

    わざわざギャップを作る必要はありませんが、普段とは違った反応を見せることは大切です。些細なことでも、違った反応を見せられるようにしてみましょう。

    色気を感じる仕草が多い


    男性に女の色気を感じさせる仕草はいろいろあります。例えば、長い髪を耳に掛ける仕草、髪を結わいたり解いたりする仕草、普段見えない場所をさらけ出す仕草などです。これらの仕草が多ければ多いほど、男性に女性としての魅力を訴えることができます。

    またこれらの仕草が多いと、色っぽい女性という印象を強く与えることができるので、恋愛を有利に進めることができるでしょう。単に抱きたくなる女性というより、こんな人と恋人になりたいという期待を抱かせることができるのです。

    自分がそれだけ魅力的に映る仕草でもあるので、場面を選びながら積極的に使っていきましょう。ただし、適度に使うことが重要です。あからさまな仕草は、単なる「狙い」にしか見えないので止めた方が良いですよ。