柔らかいおっぱいは男ウケ抜群?男性の本音と胸を柔らかくする方法!

  • 「柔らかい」以外のおっぱいのタイプ

    おっぱいには「柔らかい」意外にも、様々なタイプがあります。人によって身長や体重、体質がそれぞれ違うように、おっぱいにも個人差があるのです。

    大きさや感触だけでなく、脂肪の付き方など、考えられる違いはいくつもあります。それぞれに長所があり、どのタイプが良いかと比べるものではありません。おっぱいのタイプを知ることで、多くの女性が自分と同じであることを認識しましょう。

    自分の胸のタイプとその特徴を理解できれば、自分に合った理想形へアプローチすることも難しくありません。

    弾力とハリのあるおっぱい


    弾力とハリのあるおっぱいとは、おっぱいの中でも特に若々しいタイプのものです。若い女性のほとんどは、弾力とハリを持っているでしょう。ぷるんと跳ね返すような弾力と、つんと上向きなハリの良さが魅力です。

    年齢的な若さはもちろん、日頃から食事や運動に気をつけている人であれば、弾力とハリのあるおっぱいを保つことができるでしょう。マッサージなどで刺激を与えることも大切です。そうでなければ、年齢と共にみずみずしさは失われてしまいます。

    ちっぱい


    「ちっぱい」とは、サイズの小さなおっぱいのことです。女性としてはコンプレックスを抱きやすいタイプですが、必ずしも悪いものではありません。

    少女のような可憐さがあったり、感度が良かったりと、ちっぱいならではの長所もあります。実際に、ちっぱいの方を好む男性は少なくありません。感度の良さを評価する人も多いです。

    ただし、ちっぱいに関してはまだ成長途中であったり、痩せすぎだったりという可能性があります。今後育てていくことも、方法次第では不可能ではないでしょう。適切な食事を摂ることが大切です。

    筋肉質


    女性のバストは脂肪でできていますが、その土台や周辺は筋肉です。日頃から運動や筋トレをしているような人であれば、おっぱいもがっしりと筋肉質になるでしょう。

    筋肉質なおっぱいとは、弾力が強く、柔らかさよりも力強さを感じさせるものです。その分重力による垂れやしぼみがなく、美しいシルエットを作り出すことができます。

    ただし、あまりに鍛えすぎてしまうと女性らしい柔らかみが損なわれてしまうので、注意が必要です。スタイルアップのためだけであれば、程よいバランスを意識しましょう。

    垂れ乳


    「垂れ乳」とは、その名の通り重力に従って垂れ下がったバストのことです。一見良くないようにも思われますが、実はそうでもありません。垂れは加齢によるものだけではないからです。

    おっぱいが垂れてしまう原因には、バストの重みや柔らかさも関係しています。バストサイズが大きいほど重量も増えるので、どうしても垂れ気味になってしまうのは仕方ないでしょう。また柔らかいほど支える力がなく、重力に任せて流れやすくなってしまいます。

    そのため、垂れ乳は大きいおっぱいや柔らかいおっぱいのイメージも強く、男性からは好まれやすいと言えるでしょう。短所として気になる場合には、筋トレによって改善される可能性があります。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)