意識高い系の特徴まとめ【パターン別】意識高い系あるあるも紹介!

  • 意識高い系の特徴《会話編》

    意識高い系は会話にも特徴が表れます。ちょっとした発言が、意識高い系だと思われる原因にもなりますので、自分の発言を振り返りながらチェックしてみてはいかがでしょうか。

    ビジネス用語を多用する


    いかに自分をカッコよく見せるかに命をかけている意識高い系の人は、ビジネス用語を多用する傾向にあります。ときには、意味をきちんと理解していないのに使っている場合も。しかし、そんなにわか知識で使っていると、周りから痛い人だと思われる原因となりますので注意しましょう。

    「人脈」という言葉をよく使う


    人脈がある人ってカッコいい!なんていう安直な考えから、「人脈を作らないと」「自分には人脈があるから」という言動がやたらと多くなるのも、意識高い系にありがちな特徴だと言えます。本当に人脈がある人は、そのような発言をあまりしません。確かに人脈はビジネスなどの場で大切になりますが、多用することはあまりないようです。

    もし人脈という言葉をよく使う人が周りにいたら、その人は意識高い系なのかもしれませんよ。

    人から聞いた話を自分の意見のように言う


    人から聞いた話を、さも自分が調べた知識のように披露するのも、意識高い系がやりがちな会話です。意識高い系は「知識を持っている人は周りから尊敬される」というのがわかっているため、他人から聞いた豆知識を自分の発言にしてしまうのです。

    しかし、その知識を披露したとしても、内容を突っ込まれたら何も答えられないので、結局周りから冷ややかな目で見られることになる場合もあるようです。

    他人を馬鹿にする発言をする


    意識高い系の特徴を持っている人は、とにかく他人をおとしめる発言が多いようです。他人を下げて自分をあげるような発言を繰り返したり、自分がすごいということをアピールするために、格下の人間をわざと引き合いに出したりする場合も。

    しかし、他人を馬鹿にする発言を繰り返していると、周りからの信頼を失ってしまい、結果的に孤立してしまうという特徴もあるようです。