意識高い系の特徴まとめ【パターン別】意識高い系あるあるも紹介!

「意識高い系」という言葉を最近耳にしますが、実際にはどのような人のことを指すのでしょうか?今回は、意識高い系の特徴やあるある、さらには上手な対処法をご紹介します。苦手なあの人のこんな行動やあんな発言は、意識高い系である証拠かもしれませんよ!

  • そもそも「意識高い系」とは?

    意識高い系女子、意識高い系男子などなど、最近メディアなどでよく耳にする「意識高い系〇〇」というのは、どのような人のことを言うのかご存知ですか?何となく「こんな人かな?」とイメージを持っている人もいるでしょう。しかし、具体的にどのような特徴があるのか、答えられない人も多いのではないでしょうか。

    そこで今回は、意識高い系とはどういう意味なのかをご紹介していきます。あなたの周りにこんな人はいませんか?また、あなたは知らず知らずのうちにこんな発言や行動をしてはいませんか?

    「意識高い系」とは


    意識高い系とは、簡単にいうと「自己啓発活動や人脈の広さ、自分の能力の高さをアピールしているにもかかわらず、実力が伴っていない状態の人」です。

    とても向上心のある言葉を言っているのに、行動には全く起こそうとしない人や、人に対しては何かと注意をしたり啓発的な言葉をかけたりするのに、自分は全く実践していない人なども、意識高い系に当てはまります。

    意識高い系は嫌われやすい?


    その人の性格や人間性にもよりますが、多くの意識高い系男子や女子は嫌われる傾向にあります。口ではとても向上心のあることを言っているのに行動には起こさない、いわゆる「口だけ」のタイプや、他人には厳しくするのに自分には甘いタイプの人が多いのも、嫌われる原因の一つと考えられます。

    人の言葉や行動を咎めておきながら自分でも全くできていない人や、理想だけを口にして行動をしない人、周りにいませんか?

    意識高い系だと勘違いされることも


    特に意識はしていないのに、ちょっとした言動や行動が原因で、周囲から「意識高い系」だと勘違いされてしまうこともあります。

    意識高い系が全て悪いわけではありません。むしろ、意識高い系の方が周囲から好かれる場合もあります。しかし、口だけで何も行動をしない、人に対してやたら厳しい、他人を見下すような言動をするなど、あまり印象がよくないのも事実です。

    そのため、一度「意識高い系」と認識されてしまうと、そのイメージを払拭するのが難しくなります。今回ご紹介する意識高い系の特徴などを参考に、周りから「意識高い系の嫌な人」と思われないようにするにはどうすればいいのか、考えてみるといいかもしれませんね。