お嬢様言葉の特徴まとめ【シーン別】話すコツや注意点も一挙公開!

ドラマやアニメの中によく出てくるお嬢様言葉。あなたは実際に使ったことがありますか?この記事では、お嬢様言葉のメリットや使い方を具体的に紹介していきます。「お嬢様言葉を使えるようになってみたい」という方はぜひお読みください。

  • そもそも「お嬢様言葉」とは?

    「よろしくって?」「ごめんあそばせ」あなたはこのような「お嬢様言葉」を使ったことがあるでしょうか?「ドラマの中で見るけど、自分では使わない」という人が大半かも知れませんね。

    ですが、お嬢様言葉はれっきとした正しい日本語の1つです。流行語とは違って古くなりませんので、一度覚えれば一生使えるコミュニケーションツールになります。また、表現が丁寧ですから、ふざけて使っても好印象になりやすいのも特徴です。

    そこで今回は、お嬢様言葉のメリットや注意点、具体的な話し方などをご紹介します。ぜひあなたもこの記事を読んで、便利で面白いお嬢様言葉を使えるようになってみてください。

    「お嬢様言葉」とは


    さて、あなたはそもそもお嬢様言葉とは何なのかをご存知でしょうか?

    諸説あるのですが、お嬢様言葉の起源は「山の手言葉」と呼ばれる方言だと言われています。この「山の手言葉」は主に江戸時代の芸者が使う言葉で、その女性たちは政府関係者と結婚する機会が多くあったそうです。

    結果、「山の手言葉は上流階級の言葉」と認識されていき、後に文学や映画を通して全国に広まったと言われます。つまり、元々がマイナーな方言で、しかもフィクションがきっかけで有名になった話し方なのです。

    ですから、現実でお嬢様言葉を使う人は昔から少数派でした。さらに年月が経った現代では、すっかり「ドラマやアニメの中だけの口調」になったわけですね。

    お嬢様言葉を話すメリット


    お嬢様言葉を、あえて現代で話すメリットは何でしょうか?1番のメリットは、冗談として使いやすいことです。

    たとえば、距離感のある相手に冗談を言いたいときを想像してみてください。流行り言葉や下品な単語は使え言えませんし、かといって敬語で話しているのは堅苦しく感じますよね。

    そうした場合に「ごめんあそばせ」「よろしくってよ」などとお嬢様言葉でふざけてみると、上品なボケを入れられます。コミュニケーションが円滑になりますので、ぜひ使ってみてください。

    お嬢様言葉は子供でも年配の人でも知っていますし、流行にも左右されません。長期的に使えるギャグの1つとして覚えておくといいでしょう。