「床上手」の意味とは?男を魅了する女性の特徴&なり方をレクチャー

「床上手」な女性は、男性を骨抜きにして夢中にさせることができます。そして、床上手な女性を目指すことで、自分自身もきれいになれるのです。ちょっとエッチなイメージの「床上手」の詳しい意味と、床上手な女性の特徴、また床上手になる方法も解説します。

  • そもそも「床上手」とは?

    「床上手」は「とこじょうず」と読みます。床上手という言葉は男性にも使うことがあり、性別は問いません。しかし、その由来から女性を指す場合が多い言葉です。

    床上手な人は大変魅力的です。パートナーを夢中にさせることができるので「床上手になりたい!」と思う女性は多くいます。

    「床上手」の意味


    床上手の意味はズバリ「セックスが上手いこと」または「セックスが上手い人」を指します。

    しかし、ただセックスが上手いという意味だけではありません。セックスの際に相手を快楽に導く方法を熟知していて、それを実行できる技術を持ち合わせていること。なおかつ、仕草や雰囲気が色っぽく、スマートで官能的な人を指します。

    「床上手」の語源


    床上手という言葉は、江戸時代にはすでにありました。徳川の時代に存在した「大奥」をご存じですか?大奥とは、簡単にいうと、身分のある女性たちと将軍家の子女、そしてその御殿女中たちが暮らしていた場所です。将軍以外は男子禁制で、多い時には3,000人もの女性たちが住んでいたと言われています。

    そしてその大奥において、将軍に夜のお相手として呼ばれることを「床の間に行く」と言っていました。将軍から床に呼んでもらうために、女性たちは性技を磨き、必要なスキルとして発展したのです。そこから、性技の優れた女性を「床上手」というようになりました。

    床上手な女性に惹かれる男性は多い?


    床上手な女性に惹かれる男性は多く居ます。なぜなら、床上手な女性には、一度ハマってしまうと離れられない魔性の魅力があるからです。

    床上手な女性はセックスの際、相手を悦ばせる技術に長けています。ただ男性に身を任せるだけでなく、自分からも積極的に相手を悦ばせることができるのです。そのため、男性は「この女性と自分はエッチの相性がいい」と思い、夢中になってしまいます。